大井ウエスト試合結果

大井町新人戦大会(春・秋)

大井町秋季新人戦大会
[1回戦]11月23日(土)9:00 鶴ヶ丘小学校

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト

1

0

0

1

7

9

大井ブルーウィングス

5

0

0

3

10×

敗戦投手:津留敬輔

戦況先攻ウエストは初回2四球、2死球で押し出しの1点止まり、その裏ブルーウィングス先頭打者立花がレフトフライ、佐伯豊これをエラーして2塁へ、津留投手続く打者に連続四球で無死満塁、4番山室のライトゴロを三浦亮T塁に刺したがこの間に1点、次打者デッドボールでまた満塁、6番内田のスクイズが2ランとなって2点追加、7番笠原はレフトオーバーの3塁打で4点目、その後佐々木捕手のパスボールがあってこの回打者9人で大量5点を奪われた。2、3回は投手も落ち着いてともに無得点。4回表ウエスト1死満塁から宮澤見逃し三振したが佐々木のサードへのゴロがT塁送球それてセーフとなり佐藤ホームインして1点返した。しかしその裏サード鎌田のエラーで9番矢武を出したのがつまづきの始まり、1番立花のレフト前で盗塁して2塁にいた矢武が還り、末広レフトヒット盗塁で無死2、3塁、こうなれば高橋監督やることは決まっている、ほら来たスクイズ!わかっちゃいるけど防げない、続く山室のサードゴロを鎌田この回2回目のエラー、結局3点奪われて2対8、勝負あった・・・・と思われた。しかしこのままじゃ良いところ無しのウエスト、先頭5番佐伯豊四球で出て続く芦野レフト前にヒット、セカンドからピッチャーへの返球がボールデッドとなって佐伯豊ホームイン、佐藤のセカンドゴロを送球受けた1塁がエラーしてラッキーボーイ佐藤が生きて芦野が生還、ここで大砲松原ドカンと一発レフトオーバーの3塁打で佐藤生還、3点目、三浦亮セカンドフライで1死後、鎌田四球から盗塁、宮沢のピッチャーゴロがエラーとなって松原生還4点目、ボークがあって鎌田生還5点目、宮沢もサードへ進む、走塁がうまい、わざと大きくリードをとってキャッチャーの3塁送球を誘い、これをサードがエラーしてホームイン6点目、ついに8対8の同点に追い付いた。佐々木は空振り三振で2アウトとなったが、津留から4連続四球で押し出し1点、ついに逆転した。期待の松原しかしライトライナーでチェンジ。5回裏先頭笠原を見逃し三振に仕留めた津留投手、初打席の中原にライトへヒットを打たれ、矢武をショートゴロに仕留め2死3塁、あと一人でゲームセット、1番にかえって立花の当たりはショートゴロ、よしっ名手宮沢1塁送球、しかし間一髪セーフ、同点!ここから3連続四球・・・津留投手悔み切れない痛恨の押し出しサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・・

大井町春季新人戦大会
[1回戦]5月3日(金)14:15 亀久保小学校

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト

2

5

0

1

0

8

大井少年ファイタ−ズ

1

0

3

1

2

7

勝利投手:佐々木俊宣

戦況先攻ウエストは初回四球や野選などで2点、その裏ファイターズも四球、パスボールで1点お返し。2回表ライトフライエラーで始まり四球、鎌田のサード内野安打、三澤のライトへのヒット、佐々木のデッドボール、そしてなんと宮沢が空振り三振といろいろなことがあって5点入れたウエスト、佐々木投手が12四死球の大サービスしたが追い上げるファイターズを辛くも振り切って勝った。内野ゴロが多かったこと、4番伊藤を3打席3三振(空振り)に抑えたことが佐々木投手の球威を物語る。

[決勝] 6月16日(日)15:17〜17:02

チーム

1

2

3

4

5

6

大井ウエスト

0 0 0 0 3 0 3
大井ブルーウィングス 0 0 3 3 0 7×

 敗戦投手:佐々木俊宣

戦況先攻ウエスト初回3四球を頂きながら無得点。2回、3回と四球で塁を賑わすが点が入らない。一方守りではポンポンアウトを取り、良いリズム。平山監督は「押していて点が取れないとリズムが向こうへ行くかもしれない」とベンチで心配していた通り、3回裏四球とエラーがらみで3点取られた。ウエストは4回も無得点、その裏セカンド前方への小フライを名手三澤がポロリ、佐々木投手の1塁牽制が悪送球となり、さらにバントでランナーは3塁へ、ブルーウィングス高橋監督は流石しっかりした野球をやってくる。次打者の初球佐々木の暴投でランナー難なくホームイン4点目、その後死球、四球、センター前ヒット、ライト犠牲フライで2点を加えたブルーウィングス、6対0の大量リード。負けられぬウエスト5回表三澤サードエラーで出て津留、宮沢四球で満塁、5番佐々木のセカンドゴロの間に1点返し、6番松木のセンター前ヒットで2者生還、6対3と追い上げムード、しかし本塁返球の間に2塁を陥れようとした松木だがこれは無理だった。キャッチャーから遊撃手に送球されタッチアウト!わたしゃ、も少し足欲しい〜。6回裏2者連続四球から無死1,3塁、佐々木投手、やらずともよい牽制をファーストへ、ランナーを挟んだがこれは囮(おとり)、まんまと引っかかって3塁走者本塁へ、セカンドからホームへ送球間に合わずホームイン。状況を考えないウエストの選手、考えた野球をするブルーウィングスとそれを忠実に実行する選手、頭の良さが違うんじゃないか?いやいや日頃の練習で監督の言うことを吸収する差、言い換えれば指導の厳しさの差かもしれないと反省した。結局次打者に1球投じたところで時間切れゲームセット。この試合押しながら決定打が出なくて負けたが、3番津留4打席連続四球、4番宮沢3打席連続四球で1度も打たせてもらえなかったことがこの結果を生んだ。ウエストはこの3,4番の打撃が光るチーム、さすが地元だけあって高橋監督よく知っている。失点覚悟で歩かせたものと思えるが、少年野球なんだよ、そこまでやるの?しかし佐々木〜津留〜佐々木のリレーで計10四死球を与えては勝ち目が無いのも致し方無し。

 

 

表彰式:6月23日(日)西原小学校  写真は準優勝の表彰  賞状を頂く佐々木俊宣主将とカップを頂く宮沢悠太選手

 

inserted by FC2 system