大井ウエスト試合結果

大井町春季大会

   対戦表

勝利 敗退

  

チーム名

@ A B C D 勝敗 予選リーグ 決勝T
@亀少クラブ   7-0 5-11 11-13 3-7 1-3 4  
Aウエスト 0-7   5-12 2-12 5-21 0-4 5  
Bブルーウィングス 11-5 12-5   6-3 2-8 3-1 1 3
Cファイターズ 13-11 12-2 3-6   9-3 3-1 1 2
D鶴少クラブ 7-3 21-5 8-2 3-9   3-1 1 1

予選リーグは上表の通り3すくみとなり、決勝トーナメントで大井ブルーウィングスが大井少年ファイターズを破り、鶴ヶ岡少年野球クラブとの決勝戦が6月23日西原小学校で行われ、鶴ヶ岡少年野球クラブ 10-4 大井ブルーウィングスで鶴ヶ岡少年野球クラブが優勝しました。

   開会式は2002年3月31日(日)鶴ヶ丘小学校で行われました。

優勝旗を掲げて行進する大井ウエストの選手たち

行進の先導は草田審判員

優勝旗を返還する佐々木主将

連盟優勝杯を返還する津留敬輔選手

大井町長杯を島田町長に返還する宮沢悠太選手

松本連盟会長の挨拶

来賓の島田町長の挨拶  テント下にブレザー姿の斉藤事務局、大槻さん

来賓の遠藤教育長の挨拶  後方島田町長、金井塚体協会長、船津副会長

金井塚体育協会会長の挨拶を聞く5チームの選手達

佐藤審判部長の訓示  整列する審判部、八柳、吉田、草田、他

佐々木主将の選手宣誓  終わるところ

船津副会長の開会式締めの言葉

始球式:島田投手、松本捕手、打者は金井塚、見事なストライク

開会式終了後記念写真

この日佐々木主将は選手宣誓を聞かされていなかった

しかし突然にもかかわらず、立派に大役を果たした

拍手!!!!

[リーグ戦]4月7日(日)11:14 三角小学校  5回コールドゲーム

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト

0

0

2

0

3

5

大井ブルーウィングス

5

1

1

2

12×

敗戦投手:佐々木俊宣

戦況佐々木投手が良いピッチングをしたが、やはり6年生チーム相手では頑張っても守備力、打力に差が出る。与四球3、被安打9、奪三振4。攻撃では4番宮沢がレフト線への3ラン含め打点4、津留敬輔打点1、ヒット1、三澤がヒット1。ライト横山のライト線ライナー、津留の強い当たりの1塁ライナーのキャッチなど好プレーあった。

 

[リーグ戦]4月14日(日)8:58 大井小学校  5回コールドゲーム

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト

0

0

0

0

0

0

大井亀少クラブ

2

0

1

1

7×

敗戦投手:佐々木俊宣

戦況ウエストは3回までラストバッター佐伯豊の四球1個のみ。4、5回は2アウト2塁、3塁まで進めたが結局無得点。安打は三澤と佐々木のシングル2本のみ。佐々木投手は球速抜群、しかし亀少は打撃が良く、9安打を浴びた。自責点は3、すなわちまだまだ守りが悪い。亀少クラブは先発新井、球は遅いがコントロールが良い。5回から星野に投手交代、球は速いが制球がいまいち。しかし2四球のほかは3三振を食らった。

 

[リーグ戦]4月21日(日)11:00 西原小学校  5回コールドゲーム

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト

0

0

1

0

4

5

鶴ヶ岡少年野球クラブ

11

2

6

2

×

21×

敗戦投手:佐々木俊宣

戦況生憎の雨、日程消化のためには、やるしかない大井町大会、先攻ウエストは先頭打者鎌田が四球で出るも続くバッターが凡退。その裏鶴少は先頭打者サードゴロ、三澤無難に1塁で刺して順調な立ち上がりに見えた。しかし続く竹内に四球、望月、立花の3、4番がレフト前ヒット、暴投もあって、早々と2点、その後も投手のエラーや下平の右中間ヒット、斉藤のレフト犠牲フライ、四球、4番立花のセンター右への3塁打などでこの回打者15人の猛攻、一挙11点の大量リード。結局この回だけで4安打、6四球、投手守備失策2、5暴投、捕逸1、センター→ショートの中継エラーと盛沢山、この後も毎回失点、8番斎藤の中堅左へのホームランも飛び出したが、これは岡部の守りが良ければ捕れた飛球、松木捕手も相変わらずパスボールはあるもののだんだんサマになってきた。ウエストは3回、1塁フライを柴田がポロッとやってくれて佐伯が生き、鎌田のレフト右へのフライで2塁近くまで行っていたが、レフト下平がダッシュして好捕、あわてて1塁へ戻ったら1塁への送球が悪くボールデッド、3塁へ進塁した。続く三澤のいい当たりがショート内野安打になる間に佐伯ホームイン。5回は雨で4回から登板した立花投手、1死後3連続四球を出し、石井に交代。石井も打者二人を連続四球で押し出し、間に暴投2個もあって1アウトもとれずに先発の植田に交代、松木の投ゴロ1塁送球の間隙を縫って宮沢好走塁で5点目、しかし最後の打者松原三振でずぶぬれのゲームセット。最後まで元気に声を出して6年生に立ち向かって行ったのは誉められる。

 

[リーグ戦]4月28日(日)11:04 亀久保小学校  4回時間切れ

チーム

1

2

3

4

大井少年ファイターズ

3

1

4

4

12

大井ウエスト

1

0

0

1

2

敗戦投手:佐々木俊宣

戦況快晴暖かな絶好の野球日和、しかし試合のほうは残念ながら大差の負け。同じ負けるでも力を出し切ってなら仕方ないが、与えた四球が12個、犯したエラーが13個、打ったヒットは横山の左翼線2塁打1本のみ。それでも2点入れたのは、こちらも四球を8個も頂いたから。この頃打撃不信の津留を3番から5番に下げ、逆に積極打撃の佐々木を3番に上げた。佐々木は期待に応えてヒットにはならなかったが、打点1をあげた。津留は空振り、見逃しで2打席2三振。守備も鎌田をレフトからサードへ、三澤をサードからセカンドへ、佐伯をセカンドからレフトへとコンバートした。鎌田と佐伯はまだ不慣れな面も見えたが、三澤はさすがに守備がうまい。強い当たりの2ゴロを処理したり、バッテリーのサインからセカンド牽制で2走者をタッチアウト。捕球が良くタッチがうまい。三浦は横山に代り、四球で出て投手の3塁牽制悪送球で幸運の1得点。4回裏2死満塁から佐々木が空振り三振でゲームセット。

大井町春季大会は残念ながら全敗で最下位が確定しました。

inserted by FC2 system