大井ウエスト試合結果

第51回埼玉南部秋季大会

[1回戦]10月17日(日) 朝霞第6小学校 10:56〜   4回コールド

チーム

1

2

3

4

大井ウエスト

7 3 2 0 12

栗原ビーバーズ

0 1 0 0 1

 勝利投手:冨士川文太

戦況ウエスト初回先頭打者三吉が選球眼良く四球を選び盗塁、三澤の送りバントが投手のエラーを誘い、2盗して無死2、3塁、佐伯隆がレフトへ流した大きなフライを左翼手がポロリ、ランナー2人相次いでホームイン、佐伯一気に3塁を陥れた。ここで主砲松原、なんとレフトが大きくバックして左翼線、センターが左中間でレフトが2人いるような極端なシフト、どこからか情報が入っているのだろう。ところがさすが4番打者、ものともせずにレフトオーバーの2ランホームラン、続く冨士川も右中間への大きなホームラン、芦野センター前クリーンヒットと揃い踏みで、すぐ2盗、キャッチャーが投げた送球がセンターへ抜ける間に3塁へ、ここで佐藤が死球、そして盗塁で無死2、3塁、斎田スクイズ成功して芦野ホームイン、長谷川翼もスクイズ成功してこの回一挙7点、大技小技取り混ぜての大量点、これで楽に投げられる冨士川3者凡退にうちとる上々のスタート。2回表1死から佐伯センター前ヒット〜盗塁、松原ライトオーバーの2塁打(3塁打をとれたが止まった)で佐伯ホームイン、冨士川力んでサードフライの後芦野のショートゴロが野選となり、佐藤またも死球で2死満塁、ここで斎田がレフトへポトリのテキサスヒットで更に2点追加の10点目。2回裏冨士川投手先頭打者を四球で出し、続く5番打者は重量級、左打者なのになんとレフトの頭上をはるかに越える3塁打で1点返された。更に四球を与えたが、後続を断った。3回表三吉四球を選び盗塁、三澤の絶妙の送りバントが内野安打となって2盗して無死2、3塁、1回表と同じパターンになった。ここで当たっている佐伯隆が強打、1塁手が動けないほどの速い打球が横を抜けて更に右翼手の横も抜けてライト線を抜くエンタイトル2ベースでまた2点追加した。冨士川投手は3、4回を簡単に締めて結局2回裏の3塁打と2四球のみの4回37球ピッチングだった。

 

[2回戦]10月24日(日)11時 朝霞第6小学校   対朝霞フレンズ

チーム

1

2

3

4

4

朝霞フレンズ

2 3 1 0 2 8

大井ウエスト

0 1 0 0 0 0

 敗戦投手:冨士川文太

戦況ノーヒットノーランの完敗。初回死球で先頭打者を出した冨士川投手、2死を取ったが4番北村に物凄いライトオーバーを打たれた。打線はその北村投手に3回完璧に抑えられ、4回から投手交代して先頭の三吉がストレートの四球を選んだのが唯一のランナーで、手の打ちようがなかった。ウエストは4回8番打者に2塁打を打たれて投手三澤に交代、走者を牽制で2塁上で刺したが、5回にも2点追加され、結局5回コールド。

inserted by FC2 system