大井ウエスト試合結果

富士見親善大会

[1回戦]3月21日(日) 9時 富士見高校

チーム

監督

1

2

3

4

5

6

鶴小ニュースカイヤーズ 柿島 1 3 0 1 3 0 8
大井ウエスト 冨士川 0 0 3 0 0 4 7

敗戦投手:長谷川 翼

戦況この日は南部大会とダブルのためエース冨士川を温存し、長谷川翼が先発、5安打、5四球で自責点3、まずまずのピッチングだったが、バックが足を引っ張った。守備が良いはずの大井ウエストが5エラー、今季初戦で固くなっていたのか?上空を舞う強風にボールが微妙に流されたのか?鶴小ニュースカイヤーズのセンターも捕れると思われたフライをエラーしたところを見るとやはり風の影響はあったのかもしれない。本来フライなら頂き!のはずが、どうしたわけかポロリ、ポロリ・・・。思えば昨年は同じ3月21日、会場も同じ富士見高校の同じ面で、朝霞ストロングスと対戦、冨士川投手が2安打に抑えるピッチングを見せたが、試合巧者のストロングスに完封されて負けた。あれから1年経って、今季は冨士川も最上級生、昨年のホームラン王の面目躍如、右に左に打ちまくって2本塁打、4打点の活躍、この4番打者には投げる球が無い。どんなコースへ投げてもストライクなら打てる。外角は右中間へ、内角はレフト線へ、3打席目、軽くセンターへライナーでヒットしたら相手ベンチが「それでいい」と投手に声かけた。単打なら良しとしなければならない打者である。レフトは思い切り深く、センターも左中間寄りの深い守りの4打席目も、シフトをものともしない痛烈な打球がレフト左を抜けて行った。打線は良かったがやはり野球の基本は相手に如何に点を与えないかである。昨年の朝霞ストロングスとの試合でも、打ち負けなかったが守り負け、今年は守りが悪過ぎた。しかしレフト湊の守りが堅実で、サード上條はエラーもしたが、5年生にしてはまずまずだった。走塁には課題が残った。長谷川翼は良いランナーだが、4打席中1度しか出塁できず、このときは2盗、3盗、ホームイン、斎田とともに出塁率が上がればもっと得点できるのだが・・・。三吉3打数2安打、松原4打数2安打、上條と石河が2打数1安打。最後はあと1点まで追い上げたが、5回表の2死後四球を出して2塁打とセンターフライエラーで3点取られたのが痛かった。相手の5残塁に対し7残塁、無念の敗戦。

inserted by FC2 system