第10回三芳・ふじみ野リーグ戦大会

大井ウエスト試合結果

対戦相手 上福岡ジャイアンツ 上福岡イーグルス 上富シャークス

                                

予選リーグ2勝1敗、決勝トーナメント進出成らず
10月6日唐沢小学校で行われた準決勝、決勝戦は、大井ブルーウィングスが準決勝で上福岡イーグルスに1-0で勝ち、
決勝では大井亀少クラブに初回いきなり6点取られ、9-2から大逆転して10-9で優勝した。

リーグ1/3 7月22日(日)14:50 唐沢小学校

チーム

1

2

3

4

5

 上福岡ジャイアンツ

1 0 1 0 3 5

 大井ウエスト

0 0 2 1

 勝利投手:佐々木 誠太

戦況ウエストは初回1死後死球で出したランナーに盗塁され、3番小川にライトへ2塁打され1点を失った。しかしこの後3進したこのランナーを捕逸に見せて2→1送球ホームインを阻んで最少失点にとどめたのは大きい。3回表には内野安打からパスボールで追加点を奪われた。しかし3回裏9番小西の右中間ヒットから1番青木がライトエラーを誘い小西ホームイン、遠藤がバントで青木を3塁に送りパスボールで同点に追いついた。上條死球で出てさらにチャンスが続いたが、4番佐々木はショートへのフライ、上條帰塁できず併殺で逆転のチャンスを逃がした。4回表1ヒットを許したが佐々木後続を切り踏ん張る。その裏には先頭打者5番櫻井真弥がレフトへホームランで逆転、飯田に代わった名取もセンターへ2塁打、湊四球でチャンス続いたが、追加点ならず。チャンスの後にはピンチあり、5回表サードのまずい守備もあって3点取られ再逆転された。5回裏先頭打者青木はピッチャーフライに倒れたが遠藤がライトへヒットして望みをつなぐ。頼みの上條はファーストゴロで2死、しかし4番佐々木誠太左中間へ起死回生のホームランで同点、こうなれば追う者の強み、先ほどホームランの櫻井真弥、セカンドへの内野安打で生きると2盗、3盗、キャッチャーからの送球をサードがエラーする間にホームイン、足を生かしてサヨナラ勝ち。4、5番の活躍で勝利、これが本来の勝ちパターンだが、1、2回先頭打者が出塁したチャンスに次打者がいずれも空振り三振、3回のようにきちんと送れば点になったかもしれない。チャンスを生かす攻撃をしていればこんなに苦しむことはなかったはず、とも考えられる。しかし不在で偉そうなことを言う資格なし?(^_^) 

リーグ2/3 7月29日(日)9:03 唐沢小学校

チーム

1

2

3

4

5

6

 上福岡イーグルス

0 1 0 3 2 0 6

 大井ウエスト

0 0 0 0 0 0 0

 敗戦投手:佐々木 誠太

戦況敗戦にも美学があって良い筈だが、この試合は終わってため息の出る試合だった。湯浅投手(主将)にノーヒットノーランを許した。初回青木がファウルで粘って10球投げさせ四球を貰い、前田がうまいバントで送ったところまではウエストらしかったが、3番上條が1-3からサードファウルフライ、この場面は悪くてもランナーを進めようと右脇締めて思いっきり引っ張る場面だった。4番佐々木はレフトフライ。2〜5回はきれいに三者凡退。そして時間切れの最終回、8番湊がサード前ボテボテ、スタート良く突っ込んだサードが1塁送球、うまいな〜と思ってみていたらボールがややホーム寄りで低い球、5回代打で出てファーストに入った1塁手がそらしてボールデッド、これは3塁手が可哀想だった。これくらい捕ってやらなければ・・・。小西はショートゴロ、送球の間に3進、ヨシヨシ。青木この日2個目の四球、湯浅投手青木以外には四死球なし。大量6点差、強肩緒方では走らせられない。前田は叩きつけた、サードランナーは動けない、ところがなんと青木が走らない、何考えてる?1塁送球し、ファーストの足が離れて前田の足が勝った!と思ったら1塁塁審はアウト!仕方ない。さあ3番上條、2死2、3塁の場面、打つしかない。思い切り打てとベンチからの声、ところが見逃し三振でゲームセット。情けなや〜〜〜。上福岡イーグルスのクリーンアップは怖い。2番重信の打席は見ていて面白いがキッチリ仕事をする。素晴らしいのは7番の福島裕貴だ。3打数3安打だからというだけではなく打席での構えが良いし、状況を考えた打撃をする。こういう5年生がいれば監督は采配しがいがあろうというもの。佐々木誠太は3四球3死球3暴投が示すように力が入り過ぎ119球。湯浅投手は打たせれば鉄壁の内外野が守ってくれるからスイスイと投げて75球。打てそうで打てないのは力が入っていないから。青木捕手、走られ放題は頂けない。

リーグ3/3 8月18日(土)17:30 三芳総合グラウンド

チーム

1

2

3

4

5

6

 大井ウエスト 2 0 1 0 0 1 4
 上冨シャークス 0 0 0 1 0 2 3

 勝利投手:佐々木誠太

戦況ウエストは結局上條の3塁打1本のみ。四死球を7個頂いたので楽勝ペースだったが、4回裏内野安打と3塁打で1点取られたものの後続を佐々木投手抑えたのが大きかった。6回裏サードゴロ、2封狙って投げた球が悪送球で一挙バッターランナ^までホームインして1点差に詰め寄られたが、佐々木誠太が3人をピシャリと抑えて勝利。


 

inserted by FC2 system