井ウエスト試合結果

川合ランバー杯大会(6年生Dリーグ

川合ステップランバー杯大会(4年生Aリーグ


川合ジュニアランバー杯大会(5年生Aリーグ) 2007年戦績表若松ブルーウィングスのページへ

チーム 広沢ユニオンズ(和光市) 巨星クラブ(清瀬市) 富士見エンゼルス(富士見市) 新座ツインズ(新座市) 片山ウィングス(新座市) 大井ウエスト(ふじみ野市) 上福岡パワーズ(ふじみ野市) あさかスリースターズ(朝霞市) 若松ブルーウィングス(朝霞市)

対戦
成績


広沢ユニオンズ

-

○14-0   ×10-13   ×0-9   ×5-6   1-3  
巨星クラブ ×0-14 - ×13-14   ×6-12 ×1-8   ×5-15 ×4-14 0-6  
富士見エンゼルス   ○14-13

-

○9-2 ×2-6 ○4-1 ○10-4 ○9-8 ×3-6 5-2  
新座ツインズ ○13-10   ×2-9

-

×2-6 ×2-3 ×7-9 ○11-4 ×1-10 2-5  
片山ウィングス   ○12-6 ○6-2 ○6-2 - ×2-9 ○19-2 ○11-6 ×4-10 5-2  
大井ウエスト ○9-0 ○8-1

×1-4

○3-2 ○9-2

-

○15-1 ×6-6サ1-2 ×0-9 5-3  
上福岡パワーズ

 

  ×4-10 ○9-7 ×2-19 ×1-15

-

  ×5-9 1-4  
あさかスリースターズ ○6-5 ○15-5 ×8-9 ×4-11 ×6-11 ○6-6サ2-1  

-

○17-5 4-3  
若松ブルーウィングス   ○14-4 ○6-3 ○10-1 ○10-4 ○9-0 ○9-5 ×5-17

-

6-1  

 

大井ウエストは5年生の部Aリーグに登録、Bリーグは8チーム、合計17チームで争われる。

2月24日(土)] 13時35分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

6

大井ウエスト 0 0 0 0 1 0 1
富士見エンゼルス 1 2 1 0 0 × 4

敗戦投手:上條将希

戦況ウエストは・・・負けた。そんなの、言われなくてもわかるって?上條将希1回2/3で12人の打者に7四球、1死球で自滅の形、2回4番打者のときに湊にスイッチ。むしろこれで何故ここまで3点で済んだのかが不思議???打っては遠藤の内野安打1本のみ。8三振を喫し3四球、3死球を頂くと言うとんでもない試合だった。この試合、見ていなかったが、スコアブックを見ると、まず野球にしないといけないという感じ。

 

2月25日(日)] 10時15分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

若松ブルーウィングス 4 3 0 2 0 9
大井ウエスト 0 0 0 0 0 0

敗戦投手:上條将希

戦況上條将希初回2連続四球からレフトへの2塁打、ヒット、センターへのヒットの三連打で4点失う。2回は四球、死球からバントで送られ、ライトへのヒットで2点、2盗の後3盗のとき捕手からの送球をサードエラーしてこの回3点目。3回から湊にスイッチ、2四球、送りバント、死球の満塁からライトフライで2アウト、飛び出したサードランナーを酒井からの送球でアウトにして0点に抑えた。4回は四球から2盗、3盗、投ゴロで1点、4番打者2塁打から3盗、投手エラーで2点目、しかし次の打者をピッチャーフライで併殺。攻撃面では上條のセンターへの安打1本のみ。7三振を喫し1四球、2死球を頂くと言うこれまたとんでもない試合だった。完敗、このひと言。

 

3月11日(日)] 13時50分 朝霞第四小学校 

チーム

1

2

3

4

5

6

サドン

あさかスリースターズ 0 0 1 1 3 1 6 2
大井ウエスト 2 0 4 0 0 0 6 1

敗戦投手:青木一也

戦況湊が先発、併殺を3つも完成させたが同点でサドンデス、惜敗した。

4月30日(日)] 10時5分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト 5 0 1 5 4 15
上福岡パワーズ 1 0 0 0 0 1

勝利投手:湊 地広

戦況上福岡パワーズの小峯(恭)投手は制球良く球も来ている。小西、前田と連続空振り三振でヤバイな〜と思ったが、キャプテン青木一也の一振りで状況が一変した。レフト前ヒットから盗塁、4番上條将希が期待に応える右中間2塁打で先取点、走塁センス抜群の上條は遠藤の初球に3盗、キャッチャーのサード悪送球を誘ってホームイン。遠藤はサードゴロ、1塁悪送球で生き、飯田は死球、ここで湊は2-2となる。ベンチから「当てに行くな、もっと強く振れ!」と言われ、振ったらこれがサードの頭を越すライナーで、左翼線テンテンテン、3ランホームランとなってこの回一挙5点、内野見逃し三振でチェンジ。その裏先頭打者近藤成、これも2-2から左翼線を抜いてホームラン、1点返された。1死後3番小峯(瑛)主将にレフトへ安打され、2,3盗されたが4番、5番を空振り三振に切って取った。2回はともに3者凡退。3回表先頭打者青木が四球を選び、2盗、引っ張れと指示された上條は投ゴロだったが青木スタート良く3塁へ、ここで0-2から遠藤がスクイズ、見事に決まって監督大喜び。飯田は四球で出たが1塁牽制アウト。3回裏1死から1番に還って近藤、四球で出て盗塁、足が速い、2番打者1塁ゴロ、飯田自らベースを踏んだがのんびりしている(ように見える)、ランナー迷わずサードを蹴る、飯田が気付いた時はもう遅いと思われたが本塁送球、青木ブロックしてランナーの足がホームベースに届かずチェンジ、オブストラクションギリギリの見事な捕手の守り。4回湊サードゴロ、内野は四球で出たが高橋投ゴロ2封でランナー入れ替わり、高橋2盗、小西ファウルで粘って四球を選び前田が初球打ってサード後方に上がる、ライン内側に入って左打者の打球、ボールは切れていく、ボールデッドになって2塁打、高橋ホームイン。青木今度はセンターへ打って2者生還、上條はショートへ強い当たりでエラーを誘い青木生還、2,3盗して投手の悪送球で生還、自由自在の見事なランニングである。遠藤四球、飯田の打席の途中でキャッチャーが投手の状況を確認せず投げた球が右ひじを直撃、投手がベンチに退くハプニング、代わった中野から飯田は結局四球、湊のピッチャーフライ、ポロリ、拾って1塁へ投げたら今度はファーストポロリ、それでも遠藤は3塁で躊躇している、大量リードで2死の場面、何も迷うことはない、まっしぐらに本塁を駆け抜けなければならない場面、このあたりまだ野球がわかっていない。内野サードゴロでチェンジ。4回裏2死を取ったが湊は明らかに制球がままならなくなってきた。四球、暴投、四球、ここで投手は上條に交代、見逃し三振を奪ってチェンジ。5回表こうなったら皆出してやろう、高橋の代打佐々木龍斗空振り三振、今度は打てよと言われた小西、右中間にクリーンヒットして盗塁、前田はいい当たりだったが投手が叩き落して1塁送球アウト、この間に小西は3塁へ、青木四球を選んでそのまま2盗、こういうセンスが求められる。上條がライナーでセンターへ運び2者生還、2盗、遠藤も四球を選び、パスボールで捕手が拾って本塁へ投げたが上條は2塁から一挙ホームイン、その送球がボールデッドになって遠藤もホームイン、ランナー無くなった。4回裏から飯田に代わってファーストの守備についていた酒井も四球を選び湊も四球、内野の次は打者一巡だから名取を出そうと準備したら内野がショートゴロで出番なし。その名取レフトへ入る。5回裏コールドならばこの回で終わり、先頭打者空振り三振、次打者2-3から四球、暴投で2進、パスボールで3塁へ走った、青木拾ってサードへ投げた球が逸れた、ヤバイ!しかし名取がスタート良くカバーして事無きを得た。さあ先頭打者ホームランの近藤だ。打っていい当たり!しかしサード内野ライナーをキャッチ、自らサードベースを踏んで併殺、ゲームセット。この試合は誰を誉めるか、皆良かった。最高なのはノーエラーだったこと。湊と上條の投球も誉めてあげたい。攻撃では青木の4打席4得点(2打数2安打2四球)、3盗塁、2打点が見事、上條の4打数2安打3得点4盗塁、4打点も見事の一言、湊はホームランで3打点、遠藤が1打点2得点、前田が1打点1得点、小西2得点、高橋1得点、飯田が1死球2四球と全打席出塁して1得点、打席の構えで相手がビビるのか?守備ではサード内野が4回の守備機会をことごとくアウトにして見事だった。これで5年生も波に乗って欲しいもの。

10月28日] 13時20分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト 2 2 0 4 1 9
片山ウィングス 0 0 0 2 0 2

勝利投手:上條 将希

戦況先攻ウエストは小西死球で出て2盗、3盗、内野も四球で2盗、いきなり願っても無いチャンス、1死後上條がレフトへ打って2点先取。その裏先発は上條、球威がある、見逃し三振からスタート、右中間へヒット1本は打たれたが4番を空振り三振に切って取り上々のスタート。ウエストは2回にも遠藤がサード強襲、西沢がバントして捕手と投手の間に絶妙に転がして内野安打、高橋が送り、小西がスクイズしてこれが2ラン、またしても2点とる。2回裏エラーでランナーを出したが牽制アウトをとり、3人で料理。3回裏も三者凡退で上條ナイスピッチング。4回表名取,遠藤が連続四球を選び、西沢のバントが投手の悪送球を誘い名取ホームイン、西沢が2塁で挟まれる間に遠藤ホームイン、これは不思議なプレー、先のランナーをアウトにするのが鉄則なのになぜ2塁ランナーを追うのだろう?走者居なくなって高橋四球から盗塁、小西も四球で出てついに投手交代、この後も2塁ランナーを挟む間に高橋、小西がホームインするなど不可解ながら4点頂いた。4回裏上條が先頭打者に四球、3、4番に連続ヒットを打たれ1点献上、なおも四球で投手は前田に交代、ヒットで2点目献上。ウエストは5回表上條のこの日2本目のヒットから1点奪い、その裏前田が抑えて5回コールド勝ち。

11月4日] 10時00分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

6

和光広沢ユニオンズ 0 0 0 0 0 0 0
大井ウエスト 0 0 3 3 0 1X 7

勝利投手:上條 将希

戦況上條の投球が冴えた。6回の1イニングを投げた前田と併せてノーヒットノーラン。負けるわけがない。上條のこのところ好調のピッチングがいよいよ本物なら負ける気のしないウエスト。上條の球威があれば同じ5年生ではそうそう打てるものではない。上位打線にヒットが出て、最後は小西翔武のホームランでサヨナラコールドゲーム。

[11月17日] 14時40分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

新座ツインズ 0 0 1 0 0 1 0 0
大井ウエスト 0 0 0 1 1 0 1X 7

勝利投手:上條 将希

戦況上條は1、2回3人づつで料理、3回も3個目の日三振をとって1死から8番打者宮崎にぶつけた。盗塁され、9番打者も三振にとったが1番に還りショート内野安打で先取点を取られた。1階から3回まで3人づつで終わったウエストだが、4回に西沢が内野安打で出て盗塁から何やらホームイン。スコアブックでは盗塁になっている。5回には湊が四球、内野が送り、酒井がライトへタイムリーヒットして逆転、しかし6回表エラーで出したランナーを犠牲フライで返され再び同点に。上條は8番打者宮崎に3回ともぶつけて計4死球、1四球、7奪三振1安打に抑えた。7回裏上條が四球で出て盗塁、ボークで3塁に進み、湊のセカンドゴロの間にホームインしてサヨナラ。

[11月18日] 13時52分 西原小学校 

チーム

1

2

3

4

5

大井ウエスト 0 0 0 4 4 8
巨星クラブ 0 1 0 0 0 1

勝利投手:上條 将希

戦況上條は5回1安打、2死球、8三振の投球。3回まではあっさり凡退するウエストの攻撃、10球、6球、5球で終わり。一方守備面では1回に2連続死球でランナーを背負ったが2三振とショートゴロで切り抜けたものの、2回には内野の連続エラーで1点与え、その後三振2個とピッチャーフライで切り抜けるなど三振でないとアウトが取れないような雰囲気。ただ四球を出さないのが良かった。4回に青木の四球を足がかりに怒涛の攻撃、それまでの淡白さが嘘のように湊がセンター右へタイムリーヒット、内野もレフトへヒット、遠藤が2ストライク後にスクイズを決め、湊に続いて内野が好走塁で本塁を陥れる2ランとなった。湊や遠藤が活躍すればこれは勝てる。その裏ライトオーバーのヒットを許したが牽制ではさみ内野が2塁近くまで追いかけてタッチアウト、5回には小西と青木の2塁打、飯田の3塁打もあってまた4点入れ、その裏をサードゴロ、サードゴロで2死とった。タイムリーを打って気分の良い湊は守りも良い。野球はメンタルスポーツというのはこういうところで納得。最後1番バッターをズバリと三振とってコールドゲーム。

ページTopへ       

inserted by FC2 system