大井ウエスト試合結果

以下2006年の結果です

埼玉県西部選抜大会

[1回戦]11月3日(日)坂戸市民運動公園野球場B面 11:02〜

チーム

1

2

3

4

5

 南小スポーツ少年団ムサシ 3 5 0 1 0 9
 大井ウエスト 0 1 0 0 0 1

敗戦投手:松原令児

戦況今シーズン最悪の試合だった。松原投手いきなり3連続四球から投ゴロを1塁悪送球で1点、ショートゴロ本塁封殺の後またショートゴロ、今度は野選となって2点目、パスボールで3点目、この後は2者連続三振。ウエストは前田、佐々木、上條琢磨三者連続三振。なんという違い。2回表9番打者に四球を出して投手は上條琢磨に交代、しかし体のデカイ打線は抑えられなかった。死球と内野安打、センター横のヒットで2点、サードライナーキャッチして飛び出したランナーを刺そうと2塁送球したらライトへ抜けてこの回3点目、ショートゴロで2死をとったがレフト前ヒットで4点目、盗塁してセカンド牽制がセンターへ抜け、これを後逸して5点目、何やってんの?2回で8点。2回裏松原センターへ安打、これがウエスト唯一のヒット、櫻井健太の投ゴロでランナー入れ替わり、金子四球を選び、ダブルスチールから暴投で1点、これが唯一の得点だった。板垣三振、青木一也はファウルで粘ったがサードライナーでチェンジ。しかしこれだけの打撃ができるのだから他の打者は何やってんの?この日は計9三振だった。3回から再び松原登板、しかし相変わらず制球に苦しむ。ヒットも打たれたがアウトは三振でとる。4回にはレフト前ヒットの走者をパスボールで1点与えたが、4安打、7四球、6三振、5失点で自責点1というのはいかに守りが悪かったかを物語る。前田の1試合5逸球というのは初めてのこと。三振しなかったのは松原、櫻井健太、青木一也だけ、途中から青木の代わりにライトへ入った上野は2-3から低いボール球を空振り三振、代走準備していた上條将希出番無くゲームセット。

inserted by FC2 system