第21回東入間風の子駅伝大会

[大会概要] 主催:埼玉県東入間学童野球連盟。富士見市第2運動公園周回コース(約1.3q)。受付開始:8時、開会式:9時00分…富士見市第2運動公園、競技開始:第2部9時30分、第1部10時30分。表彰式:競技終了次第11時00分頃
今年の風の子駅伝は無風、ポカポカと暖かい、良い日和でした。結局優勝したのは本命の勝瀬キッズAチームでした。勝瀬キッズAは昨年2部で優勝、勝瀬キッズBも7位に入るという強豪ぶり、今年の6年第1部はCまで3チーム出場と言う選手の豊富さ、うらやましいチーム状況です。今年も断トツの優勝候補と思っていましたが、苦しんで、途中常勝上福岡イーグルスに先行される苦しい展開、しかし最後の最後に上福岡ジュピターズAをゴール寸前抜き去って優勝。上福岡ジュピターズにとっては口惜しい展開、最後の最後、抜かれてから、抜き返そうとしたが届きませんでした。勝瀬キッズの山内選手は、力を出し切ってゴールするや、倒れこみ、皆心配しました。渾身の力を振り絞ったのだろう。いつも見ていて、感動します。たすきをつなごうとする心、必死の形相、人間って、スゴイ!素晴らしい!
ウエストは6年生のみ出場。先頭ランナー青木が体調不良、これは無理だな、と思ったが、代わる選手が居ない・・・。勝瀬キッズがうらやましい。しかしキャプテンの意地で出走、しかしいかにもきつかったが、なんとか走り抜いた、スゴイ!素晴らしい!29位スタートながら皆で追い上げて14位まで上げた。アッパレ!
特に山崎、伊藤が頑張り、アンカー阿部永が必死に追い上げてこの順位まで持ち上げた
頑張る選手たちに、エール、有難う!
 

3/4を走り、いかにも苦しい青木幸也 それでも最後の力振り絞り山崎にタスキをつなぐ
数人抜いて帰ってきた山崎は大井ブルーウィングスの第3走者とすれ違う 来年度から役員なので横田さんと引継ぎ、運営協力の中澤さん
第3走者前田が帰ってきた 第4走者伊藤は必死の力走で数人抜き
第5走者野本が上野台ファイターズの選手を抜く 第6走者永田はタスキを落とし、慌てて拾って走り始める
申し訳ありません。アンカー阿部永が力走している写真はうまく写らず、ゴールは大騒ぎで写せませんでした。
勝瀬キッズAの山内選手がゴールした瞬間:右端、その奥に喜んで山内選手を迎えようとダッシュする同僚選手の姿が見える。。ものすごいラストスパートで、グラウンドに入ってきたときトップを走っていた上福岡ジュピターズのアンカーを一気に抜き、振り切って1秒差を付けた。左端役員の横田さんの胸前が上福岡ジュピターズのアンカー、これだけの差。中央後姿の審判部、成田さんと岡田さんの間で天に向かってガッツポーズする勝瀬キッズの選手の喜びよう・・・(^_^)


東入間学童野球連盟のホームページ → コチラをご覧下さい

 

inserted by FC2 system