大井ウエスト試合結果  

ライオンズ杯(大井ライオンズクラブの後援で行われる大会、2009年から4年生大会となりました) 詳しくは→ふじみ野市少年野球連盟へ
 組合せ表→クリック

大井ウエスト準優勝!


大井ライオンズクラブ会長から表彰を受ける

こんなメンバーだけど良くやった!来年が楽しみだね!

 1回戦   2回戦   3回戦   準決勝   決 勝 

1回戦9月19日(月) 西原小学校で大井少年ファイターズと対戦  10時 分〜

チーム 1 2 3 4 5 6
大井ウエスト 0 2 0 0 0 0 2
大井少年ファイターズ 1 0 0 2 0 × 3

敗戦投手:川井田流碧

戦況ウエストは口惜しい敗戦、相手先発左腕池田投手に対して川井田流碧の速球が明らかに上回るも、打力が非力、一方の大井少年ファイターズは思い切って振ってくる。ウエストは4番伊藤優は良かったが、6年生の試合に出ている柿沼、内藤、川井田が凡打の山、結果的には攻撃力の差で負けた。とはいえふじみ野市4年生大会を棄権せざるを得なかったチーム、何とか選手をかき集めての出場だったので、大井少年ファイターズの選手の多さがうらやましかった。ただお互いに審判出しての対戦、審判の技量が余りに稚拙で、選手が可哀そうだった。

2回戦10月1日(土) 西原小学校  9時31分〜11時18分

チーム 1 2 3 4 5 6
大井ウエスト 3 0 1 0 4 0 8
ジュピターズ・上野台・ジャイアンツ 0 2 1 2 2 0 7

勝利投手:川井田流碧

戦況ウエスト薄氷の勝利。先行、逆転され、再逆転しての勝利。


3回戦10月8日(土) 西原小学校 10時12分〜 決勝トーナメント進出

チーム 1 2 3 4 5 6
大井ブルーウィングス 0 0 0 2 0 1 3
大井ウエスト 4 1 1 0 2 × 8

勝利投手:川井田流碧

戦況ウエストは川井田先発、3回を2四球ながら無安打に抑えた。その間に6点とって、4回、5回を矢野壮真、6回を巽に投げさせた。1回裏の攻撃では1番柿沼の2塁打に始まり、3番川井田、4番内藤、5番伊藤などで計4点。2回裏にも2死から柿沼の3塁打、相手のエラーで1点。3回は内藤がレフトへヒットして、2盗、3盗、伊藤のセンターへのヒットで生還、ただ盗塁後、伊藤が2塁上けん制タッチアウトになったのはいただけない。4番内藤が3打席3安打3得点、柿沼3打席2打数2安打1四球2得点、川井田3打席3打数2安打2得点、この3人は6年生の試合に出ているからやはり鍛えられている。


準決勝は大井少年ファイターズ−上福岡イーグルス、鶴ヶ岡少年野球クラブ−大井ウエスト

準決勝10月29日(土) 西原小学校  10時53分〜12時5分

チーム 1 2 3 4 5 6
大井ウエスト 1 0 0 0 1 0 2
鶴ヶ岡少年野球クラブ 0 1 0 0 0 0 1

勝利投手:川井田流碧

戦況ウエストは初回1番柿沼の2塁打と2番内藤のヒットでいきなり1点GET。逆に川井田は1、2番を連続見逃し三振、3人で切って取る対照的な立ち上がり。2回もウエスト無死満塁のチャンスを作りながら無得点。これはヤバイ、ピンチの裏にはチャンスあり、鶴少クラブ4番の2塁打と5番のヒットで1点、しかしここから川井田3人を連続三振に切って取った。3回表裏は共に三者凡退。4回もウエスト三者凡退、その裏先頭の3番打者に四球を与えてしまった。ヤバイ、こう着状態を変えるのは得てして四球かエラーだ。先ほど2塁打の4番打者がセンターへ良い当たり、しかしこのライナーを小甲捕って、2塁送球、ランナー戻れず併殺。これで流れはウエストへ、5回2死から柿沼がサードゴロ、1塁送球をポロリで生きて盗塁、ここで又しても内藤がセンターへヒットして突き放した。川井田は5、6回を3人ずつで片付けて勝利、打者20人で8三振、相変わらずピッチングがさえている。次は今年6年、5年、4年とすべて負けている大井少年ファイターズ、リベンジだ。しかし4年の試合=ライオンズ杯の初戦は、上に書いたように負けた試合ではなかった。


もうひとつの準決勝は5−5のままサドンデス、大井少年ファイターズ6−2上福岡イーグルス

決勝11月3日(木) 東原小学校  10時52分〜12時30分

チーム 1 2 3 4 5 6
大井少年ファイターズ 4 0 0 0 2 0 6
大井ウエスト 2 0 3 0 0 0 5

敗戦投手:川井田流碧

戦況いつも先攻を選ぶウエストは、ジャンケンで負けて後攻となった。まず先頭打者をキャッチャーフライに仕留めて上々の立ち上がり、ところが2番打者にセンター右へヒットされた。何しろ入ったばかりの2年生も出してやっとチームを構成しているウエストだから、「頼むから外野へ打たないでちょうだい」と祈っていた。ところがセンターはきちんとこの打球を処理して内野へ返球、こんなことでほっとしているベンチなのであった。しかし3番打者にぶつけてしまい、さらに4番打者はピッチャーゴロにうち取ったが、1塁送球を捕球して、ヨシ!と思ったら審判が「セーフ!」のコール、足が離れるのが早かったらしい。満塁で迎えた5番打者、身体が大きく力がある1塁手だ。しかし川井田の球にもキレがある、ストライク、ファウルと追い込んで、1球高めに外し、なかなか落ち着いた投球に見えた。ところが次の球が高かった、ガツーンとレフトへゴロが飛び、サードランナーホームイン、2塁ランナーも3塁を蹴る、レフトからサードへ返球、更にバックホーム、これが悪送球でボールデッドとなってしまい、1塁ランナーまでホームイン、打者走者は3塁へ、6番打者には粘られて、8球目根負けフォアボール、盗塁して1死2、3塁とピンチが続く、7番打者のショートゴロで3塁ランナー突っ込み、内藤→柿沼と送球して本塁タッチアウト、上級生であれば、1塁送球と同時にスタートして本塁を陥れるのだが、まだ低学年でそういうことを知らないようだ。このあたりが6年生の試合に出ているウエストの選手たちとの違いだ。8番打者、これはストライクさえ投げてれば大丈夫であって、ボール、ストライク、ストライクと追い込んで、1球ファウルされた後、投げた球がベースのエッジに当たって高く跳ねてバックネット()を越し、ボールデッドでサードランナーホームイン、なお2死3塁、さすがに動揺したか川井田、次の球をぶつけてしまい、監督はマウンドに行って、内野も集め、落ち着けと指示、しかし9番打者にも四球、2死満塁で打者一巡、1番打者に回った。引っ張り専門の打者、ショートをやや三遊間寄りに守らせて、行くぞ!と内藤に声掛けたら、その通り初球から打ってくれて、いらっしゃいと6→3でチェンジ。監督は、「取られたら取り返せばいいんだ、取り返して来い!」と選手へ指示、大量4点を追うので、まずはランナー貯めること、「簡単には打つなよ」の指示を守り、柿沼が四球で出た、ヨシヨシ。しかし池田投手はサウスポー、柿沼は足が入ったと見てスタート、1塁へ牽制球、戻れない、行ってしまえと2塁へ向かう、ファーストからの送球は外野へ抜け、センターとレフトがカバーしようとしたが、その間を抜けて行って、柿沼一気にホームイン。低学年でなければ見れないようなシーンだ。内藤も四球で出たが、投手のけん制が際どくて走れない。盗塁したいができない間に追い込まれ、川井田の打球は良い当たりだったがショートが2塁ベース近くで捕ってそのままベースを踏んで1アウト。3年生4番の矢野壮真の当たりも同じようなところで、ショートが捕って2塁を踏み、2アウト。このままではラチがあかないので、矢野を1球目から走らせて、盗塁成功。ここで伊藤優がライト線、ファーストの頭を越すヒットで矢野が2塁からホームイン。伊藤も初球盗塁して2死2塁、しかしウエスト打線はここまで。現段階では、後は監督も何もできず、神に祈るしかない・・・空振り三振でチェンジ。しかし、投手の癖は分かった。選手を集めて監督がそれを指示した。川井田は2回から本来の投球を取り戻した。ウエストは3回裏、2番内藤からの好打順、センター前ヒット、もう癖は盗んだから、ゆっくり足を上げたのを見てスタート、ピッチャー1塁へ投げたとき、内藤はもう1-2塁間の真ん中を走っている、2塁送球したが、ボールが来る前に2塁到達、更に川井田への1球目に3盗、6年生の試合でレギュラーだからこんな走塁お手の物、川井田の打球はショートゴロ、ショート捕ってサードランナーを見る、3塁へ戻れない、それならランダウンプレーで時間稼ぎするしかない、しかしショートが3塁へ悪送球してボールデッド、内藤ホームインして川井田も3塁へ、ここで4番矢野がきれいにセンター右へヒットして川井田を迎え入れ同点!盛り上がるウエストベンチ。矢野も盗塁、期待の伊藤はしかしピッチャーゴロ、矢野3塁へ、ここからは相手のミスを期待するしかない、見逃し三振で2アウト、ダメか、しかし斉藤への初球のストライクを空振り、キャッチャー後逸、隙を覗っていた矢野は本塁まっしぐらで逆転!さあ、盛り上がるウエストベンチ、ところが5回表4番打者に四球を与えイヤな予感、先頭打者への四球とかエラー出塁は点に結び付き易いもの、案の定2盗、3盗され、先ほどタイムリーの5番打者はファーストフライに仕留めたが、6番打者は三遊間へ強い当たり、内藤飛びついたがショートバウンドのヒット、抜けていれば同点だった、ナイスプレー。しかし当然この走者は盗塁して1死2、3塁、7番打者はショートゴロ、またまたサードランナー突っ込む、いただきだ、内藤捕って本塁送球、おっとっとランナー3塁へ戻る、こうした場合、なるべく3塁へ追い込んで挟み、最悪でも前の塁に戻すのが鉄則だが、にわかキャッチャー、あまり練習もしていない、すぐ投げてしまってこれがサードのはるか頭上、レフトが捕ったがホームインで同点、これは痛かった。三振で2死をとり、迎えた9番打者、事故でもない限り同点のまま次の回に行けると思ったそのときに、なんと3球目まさかのレフト前ヒット、逆転された。その裏内藤から、この打順で点が入っている、しかし粘ったがピッチャーゴロ、期待の川井田はヒットから夢の超特急、2盗、3盗、矢野のカウント1-1、同点だったら迷わずスクイズだったが、強攻して空振り三振、伊藤の打席ポンポンと追い込まれ、それなら一か八か投球と同時に川井田スタート、投球は高い、キャッチャーが捕ったとき川井田は本塁2m前、そのまま滑り込めばキャッチャー上からのタッチになるから足のほうが早い、セーフだ!と喜んだのも束の間、伊藤が振って空振り、チェンジ。6回表、先頭打者にテキサスヒットを打たれ、これはイカンと投手を矢野にスイッチ、1死後4番にセンター前にヒットを打たれ、1死2、3塁のピンチを迎えたが、5番打者のサードゴロで、またまたサードランナーが本塁に突っ込み5→2タッチアウト、少年ファイターズは走塁の仕方を教えていないのだろうか?ウエストならばアリエナイ。結局ピンチを脱して、最終6回裏、打者は6番から、もう眼を瞑って神に祈るしかない、しかし四球で出た、エッ、もしかして、野球は最後の1球まで分からない、天よ、我に味方せよ、盗塁のサインも出せないし、そもそも入ったばかりで高級な戦術無理だし、期待の7番見逃し三振、8番ファーストファウルフライ、すぐ1塁に戻るのがフツーだが、戻れず併殺、ゲームセット。しかしこれは責められない、なにせまだ教えていないのだから。初戦の少年ファイターズ戦のコメント「ふじみ野市4年生大会を棄権せざるを得なかったチーム、何とか選手をかき集めての出場だったので、大井少年ファイターズの選手の多さがうらやましかった」というのをまた書かなければならない。しかし18人のファイターズに11人のウエスト、それも1年生まで入れて、それでこんな白熱の試合が出来るのは、いかに選手が鍛えられているか、家族の応援がスゴイのか、ということに尽きる。よくやった、ありがとう。
注)バックネットは和製英語です。英語ではbackstopと言います。


----《大会要項》----
試合球:大井ライオンズクラブ様より進呈
大会日程 7月〜10月 ・主審を含めすべて義務審判にて行う。決勝リーグは連盟審判にて行う
6回 1時間30分 コールド 4回10点 5回以降7点差
6回同点はサドンデス採用 ノーアウト満塁
各ブロック1位&2位で掛け合わせのトーナメント 3位決定戦有
ボークは基本注意のみ
2チーム同率の場合は、当該結果に準ずる
3チーム同率の場合は、抽選(監督)
大井ウエストはBリーグ、ブロックチーフ(マーク)は大井少年ファイターズ → 組合せ
リーグ戦は3試合・・・大井少年ファイターズ、大井ブルーウィングス、ジュピターズ・上野台・ジャイアンツ合同チーム


inserted by FC2 system