大井ウエスト試合結果  

北岡杯争奪少年野球大会


上福岡イーグルス創設者北岡代表・監督(2002年12月8日ご逝去)のご功績を讃え、12月第1週の土日の2日間で行われ、頂点に立つチームは2日で4試合。抽選で当れば出られる。2012年、第10回大会は抽選で出られることになり、亀少クラブと大井ブルーウィングスだけがふじみ野市では外れ。12月2日(日)は防災訓練のためふじみ野市の各小学校のグラウンドが使えず、大会が行えないので、2日目は12月8日(土)となります。
ウエストは開会式後、駒西小A面B-1で9:30〜みずほ台ヤンガースと1回戦、勝てばダブルで駒西小B面B-3で14:00〜上福岡ジュピターズと水谷フェニックス戦の勝者と対戦。
義務審判は駒西小A面B-2で11:30〜、1回戦勝てば駒西小A面B-3で14:00〜対面審判になります
ウエストは過去1度も入賞したことの無い大会です。
今年こそ頑張ろう!

北岡杯:上福岡イーグルスのページへ

第10回北岡杯争奪少年野球大会要綱】
1.日時:平成24年12月1日 [開会式] 試合1・2回戦
             12月8日 準決勝・決勝戦 [閉会式]
      (予備日) 12月9日
2.場所:ふじみ野市駒西小学校他
3.参加チーム:16チーム(今年も新たな公募はしません)
4.参加費:4,000円(開会式当日、受付時)
5.抽選:事前抽選(随時個別抽選)とします。

結果第3位でした。初入賞です
上福岡イーグルスが富士見エンゼルスに5−1勝利、4年連続優勝


うつむく6年、口惜しかったのだろう  頑張れ!残り試合はあと少しだ!


賞状を受け取る杉浦主将

柏木スポーツからの記念品を頂く吉田健太郎


カッコイイ集合写真です。川井田さんから頂きました。有難うございます

1回戦】12月1日(土)駒西小A面B-1、9:25〜10:45
ウエストは今年みずほ台ヤンガースと対戦していない。埼玉南部秋季大会の準決勝で当たるはずだったが、その前の準々決勝で、4年生の矢野壮真が怪我して出られないだけでリズムが狂い、春季大会では6-0で勝っているファイヤーナインズに2-3で負けた。そのファイヤーナインズを7-2で圧倒した相手だから不足は無い。安田投手の速球にどう立ち向かうか?このところ絶好調で、チームの投手勝利数記録更新中のエース小河原と捕手の杉浦主将のバッテリーに期待しよう・・・・・と書いていたが、結果は期待通り小河原完封。

チーム 1 2 3 4 5 6 7
みずほ台ヤンガース 0 0 0 0 0 0 0 0
大井ウエスト 0 0 0 1 0 4 × 5

勝利投手:小河原 瞬

戦況やはり安田投手は手強かった。打てそうだが打たされてサードゴロがやたらと多い。球に伸びがあるらしい。しかし、絶好調小河原はそれ以上に良かった。7回打者26人1安打2三振1四球2死球90球、完封すれば負けは無い。ウエストは毎回ランナー毎回チャンス、2回裏、2アウトから小野がデッドボール、ヨシ!なんで?どうして?知る人ぞ知るウエストのジンクス「小野が当たったら勝つ!」、先取点は4回裏、先頭打者杉浦四球で出て柿沼が三遊間に内野安打、上手いショートは追い着いたが間に合わない、ここからウエスト得意の死ぬ死ぬ作戦、小野が送り、矢野がスクイズ、1点ゲット、1点を争う好ゲームでは、先に点を取ったほうが有利。結果的にはこれで十分、後で取った点はオマケだが、ちなみに6回裏杉浦が先頭打者、実はこの試合、3打席とも先頭打者だ。誰だ?前のバッターは?そう小河原瞬、しかし小河原はこの試合3打数2安打、つまり小河原がヒットを打って走者がアウトになったり、2盗失敗があったからだ。杉浦はデッドボールで塁に出て、小野がセンターへヒットして返した。ホラ、当たったでしょう?

2回戦】12月1日(土)駒西小B面B-3、13:33〜14:43

チーム 1 2 3 4 5 6 7
大井ウエスト 0 0 0 1 0 0 0 1
水谷フェニックス 0 0 0 0 0 0 0 0

勝利投手:小河原 瞬

戦況ウエストは佐藤謙信投手の力投の前に苦しんだ。寒くてかじかむ手、打っても打っても、サード、ショート、ピッチャー、スポスポゴロ捕られる。フェニックスは守備が上手い。杉浦2回表強烈な打球がサードのグラブをはじいてレフト前ヒット、盗塁したが、投手の牽制で誘い出され2塁-3塁間タッチアウト。4回表1死から川井田ライト線に2塁打、吉田健太郎がバント、上手く打球を殺して内野安打、川井田3塁へ、ここで打席には4番小河原瞬、ズドーンとセンターへ打ち上げた、川井田3塁ベースに着いた、GO!タッチアップでホームイン、これが終わってみれば決勝点。1、3回以外毎回ランナーのウエストだが、実はもう1回、決定的な場面があった。6回表、吉田が四球を選び2盗、小河原がガツーンと打って打球はライナーでサードの頭上を越える、「ヤッター!」と思ったら、レフトがライン方向へ走り、腕を伸ばしてスポッと捕ってしまった、これは見事とほめるしかない好守備であった。ウエストの守りでは3回裏7番工藤がショートゴロ、吉田捕って1塁送球、ところが足が上回り、セーフ!左打者とはいえ、速い!その足を生かしてすぐさま2塁を狙ったが、強肩杉浦が阻止、内藤のタッチが上手かった。工藤は5回裏にも2死から打ってピッチャーゴロ、「オーライ!」、小河原捕って、1塁送球、アレッ、1塁へ球が行かない、投げようとしたらスルッと抜けてボールは後ろへ、これはもう笑うしかない、ハッハッハ(^_^) 6回裏には1死から1番打者に四球、2番打者はピッチャーゴロ、1→4→3、見事な併殺完成。7回裏フェニックスはクリーンアップ、1-0では何か一発事故みたいなことでもあると逆転サヨナラ負けの可能性があり、ドキドキする場面、3番佐藤謙信の打球はセンター前へ、小野が思い切って突っ込んで地面すれすれダイレクトキャッチ、ウワーッ、助かった、ウエスト応援団大喝采!4番もセンターフライ、5番はピッチャーゴロでゲームセット。小河原7回打者23人68球1安打1三振2四球、見事なピッチングだった。

2回戦終了後、A面の大井少年ファイターズ対上福岡イーグルスの試合を観戦していた。南部優勝と西部選抜優勝チームの対決だ。今シーズンの対戦も勝ったり負けたりでガップリ四つ、ともに投打・攻守に充実している。大井少年ファイターズはこの大会初出場、上福岡イーグルスは第1回大会で優勝、その後優勝から遠ざかったが、第7、8、9回と、この3年連続優勝している。試合は1-0で大井少年ファイターズがリードして粛々と進む。エース矢内がナイスピッチングで、7回裏も2死3塁で上福岡イーグルスの打球は1、2塁間の後方へフラフラと上がり、ゲームセットか?と思ったら、アレ、アレ?ボールへ一目散に向かって行ったのはライトだけ、しかし、ライトでは明らかに間に合わない、ポトリと落ちて同点!さすが上福岡イーグルス、しぶとい。1死満塁サドンデスになった。今シーズンサドンデス6戦全勝の大井少年ファイターズは、四死球連続で頂きものの2点GET、しかし追加点は得られず。上福岡イーグルスはその裏同点として、2度目のサドンデス。こうなると、後攻め、しかも追い着いた上福岡イーグルスが流れ上有利。大井少年ファイターズ0点、上福岡イーグルスはおそらく待球作戦で来るだろう、1点取れば良いのだから早打ちは禁物だ。その通り、そしてカウント悪くして真ん中へ投げるしかない場面が出来上がり、バシーンと打球はセンター右へ、サヨナラとなった。
ウエストは先日大井少年ファイターズに毛呂山町長杯準決勝戦の借りをお返しした。上福岡イーグルスにはふじみ野市春季大会決勝戦の借りをお返ししなければならない。


準決勝】12月8日(土)駒西小A面9時

チーム 1 2 3 4 5 6 7
大井ウエスト 0 0 0 1 0 0 0 1
上福岡イーグルス 0 1 0 0 1 0 × 2

敗戦投手:小河原 瞬

戦況2-1だが内容は完敗だった。無四球の福田投手はコントロールが良いので、打てそうで打てなかった。もっとも、最近のウエストは1番打者内藤が出塁しないので、1点か2点しか取れない貧打線になっている。ウエストは珍しくエラーが多く、1塁ランナーを牽制で2度挟んでいずれも生かした。なにしろ毎回ランナーを許し、押しに押されて、必死に守った。最初の失点は6番浜崎の強烈な打球が小河原を襲い、体に当たって跳ね返った打球をキャッチャー杉浦が1塁送球したが間に合わず、2死まで漕ぎ着けたが、1番吉満のセンター前ヒットで取られた。ウエストは4回2死から小河原が右中間テキサスヒット、瞬足飛ばして2盗、杉浦の打球はショート吉満へ、あ〜ダメだ、と思ったら、1塁送球が悪く、小河原が3塁回ってナイスランニング、生還した。2失点目は5回裏、3番宮本主将の強烈なセカンドゴロを捕り損ねて前に落とし、1塁に生かしたが、小河原牽制でランナー追い出した、ところが矢野がすぐさま2塁へ投げたのでランナー1塁へ戻る、1塁送球がボールデッドとなってランナー3塁へ、4番の打球をサードがエラー、しかし3塁ランナーはそのまま、5番のショートゴロで宮本生還、決勝点。最終回は5番杉浦から始まり、センター前ヒット!と思ったら、吉満が2塁ベースのところでキャッチし1塁送球アウト!上手過ぎる!ヒットを損した。結局この回は全員ショートゴロでゲームセット


inserted by FC2 system