大井ウエスト試合結果  

ふじみ野市春季大会

 組合せと結果   1回戦 

1回戦の相手は上福岡ジュピターズ

大井少年ファイターズが優勝! 決勝戦は激戦、試合巧者の大井ブルーウィングスが押しに押し、投手は好投して、流れはブルーウィングスでしたが、満塁策が裏目に出て、サヨナラ満塁ホームランで決着しました。決勝戦にふさわしい良い試合でした。

ページTopへ   ■1回戦 4月12日(土)9時〜 駒西小学校

チーム 1 2 3 4 5 6
上福岡ジュピターズ 0 0 0 4 0 2 6
大井ウエスト 0 0 1 3 0 0 4

敗戦投手:矢野壮真 本塁打:瀬戸尾侑宏、ジュピターズ小澤祐介

戦況ひどい試合でした。したがって細かい試合経過は書きません。南部大会のキッズ戦を上回るヒドイ試合でした。矢野壮真は相変わらず良いピッチング、しかし6失点でエラー6、自責点1はキッズ戦と同じですが、被安打5のうち、本塁打(これだけが自責点)とライト前に落ちたヒット以外の3本はテキサスヒット(俗に言うポテンヒット)、昨年までのウエストならファースト、セカンド、ショートまたはサードが難なく捕っているフライでした。すなわち実質エラー9個、被安打2です。死球1個は与えましたが、今シーズン無四球の矢野壮真、力投はまたも報われませんでした。
負けるはずの無い試合でした。穴があったら入りたい・・・。6年生10人のジュピターズ、6年3人、5年4人、4年2人のウエスト、体力差は一目瞭然ですが、それを補う鬼の練習で大型チームに勝ってきたのが大井ウエストの伝統です。最近の練習試合ではチーム力が高まり、特に前週の飯能精明スワローズとの練習試合では、内外野穴のないツヨイチームを相手にガップリ四つの試合を展開したので、ふじみ野市での優勝も目指せると思っていました。それがフタを開けてみたら・・・
それでも、いつもながら腐らず精一杯投げ続けた矢野壮真に、頭が下がります。やがて報われる日が来ます。その日まで辛抱しましょう。練習して、練習して、練習していれば、バックも足を引張らない日がやがて来るでしょう。
致命的だった4回表、サードゴロ1塁送球エラーで2番打者を出し、3番打者はセカンドフライ、「ヨシイタダキ」と思ったら、後方へポトリ、アリエナイ(>_<) 4番にデッドボールで無死満塁、迎えるは5番小澤祐介、第1打席で、「打ちそうだな〜、コワイナ〜」と言ったら、助監督が「大丈夫ですよ、あのスィングなら」と言うのです。しかし23年スコアラーをやってると、感じるものがあるのです。小澤選手から感じたのは「気迫」でした。いい顔です、投手を睨みつけて打席に入ります。こういう選手はコワイ。第1打席ではレフトへ打ち上げて、「ヨシイタダキ」と思ったら、レフトが落下点を過ぎて、慌てて戻ったが横にポトリ、アリエナイ。「落下点に早く入れ」、といつも言われていますが、落下点を行き過ぎるというのはどういうワケ?ただこのときは後を抑えて失点しませんでした。さて第2打席の4回表は1球目ファウル、2球目ファウル、打ち気満々、矢野壮真遊ばず空振り三振。素晴らしい。「ホームゲッツーだぞ!」とベンチから大声で指示、何しろ小澤選手のサード線ファウルのとき、サードが1塁へ投げたのです。その前に「ホームゲッツーだぞ!」と言っているのにこれですから、「ヤバイ、ワカッテナイ」と言うので、何度も「ホームゲッツーだぞ!」と叫びました。6番打者の打球は前進守備のセカンド正面へのゴロ、「ヨシイタダキ」と思ったら、ボールにさわりもしないで後方へ・・・、アリエナイ(>_<) 2者ホームインで逆転、さらにライトが捕って本塁へ投げた球がボールデッドとなって1塁からの走者もホームインで3点目、打者走者は3塁へ、これは1塁審判が指示しました。テイク2ベースですが、ライトが捕って、送球したときに、1塁ランナーは2塁を回り、打者走者は1塁に達していたのでしょう。その後レフトへの犠牲フライでこの回4点目。
ウエストはその裏3点奪って同点に追い着き、5回裏2番長谷川が左中間へ2塁打、矢野がキャッチャー前にセフティ(サイン)、渡辺がサードゴロ、飛び出した長谷川にタッチしようとしましたが長谷川逃げて満塁(この走塁はマズイ)、無死満塁、打席には先ほど致命的エラーのセカンド、初球スクイズ失敗、従来のウエストなら一発で2ランを決めるはず、2ナッシングから4球目打ってピッチャーゴロ、1→2→3の絵に描いたようなホームゲッツー、結局無得点。6回表先頭打者の小澤選手にレフト線ライナーで破られたホームラン、6番サードゴロ1塁送球エラーで出し、2死3塁となって9番空振り三振、しかしキャッチャー落としている、1塁送球が悪送球で2点勝ち越されました。やはり絶好のチャンスを逃して流れを相手にやれば、こうなります。実はこの試合ウエストは本塁憤死が3個もありました。すなわち、走塁もダメでした。ヒット数も頂いた四死球もウエストが上回り、本来ならコールド勝ちでもおかしくない試合でした。
昨年レギュラーが6年生の3人しか残っていないとは言え、守って守って、犠打や盗塁を織り交ぜていやらしく勝つ、というウエストの伝統がプッツンの印象、出直しです。



ページTopへ   

inserted by FC2 system