玉県東入間学童野球連盟

第54回春季大会



 大会要項 

 登録名簿

 開会式   1回戦   2回戦   準々決勝   準決勝   決 勝   閉会式 

 組合せ表 


準決勝、決勝は5月10日(日)予定より早く終了

新結成大井ベースボールクラブ優勝


富士見エンゼルス準優勝


大井ウエスト第3位


鶴ヶ岡少年野球クラブ第3位


2015年度連盟総会報告会及び第54回春季大会代表者会議(抽選会)は2015年4月11日(土)18時半開始、富士見市南畑公民館会議室。登録名簿2部、連盟登録費1団体1,000円、参加費1チーム3,000円持参
東入間春季大会は毎年富士見市主管です。各団体から複数チーム出場可
開会式:4月25日(土)第2運動公園B面で7:00受付8:00開式
大会日程…4月25日(土)〜5月17日(日)
登録名簿(EXCEL)はコチラからダウンロードして下さい(登録名簿(EXCEL)は、年齢と住所が削除されています)

参加チーム

富士見市8チーム、ふじみ野市8チーム、三芳町4チーム、富士見ジュニアサンデー・三芳ホープ合同チーム、計21チーム

1 大井ウエスト
2 大井少年ファイターズ
3 大井ベースボールクラブ
4 鶴ヶ岡少年野球クラブ
5 上福岡第五クラブ
6 上福岡イーグルス
7 上福岡パワーズ
8 上福岡JFG
9 三芳スカイヤーズ
10 竹間沢イーグルス
11 三芳ドリームズ
12 上富シャークス
13 勝瀬キッズ
14 鶴小ニュースカイヤーズ
15 富士見エンゼルス
16 富士見コンドルス
17 富士見スピリッツ
18 富士見ファイヤーズ
19 水谷フェニックス
20 みずほ台ヤンガース
21 富士見ジュニアサンデー・三芳ホープ 合同
→ホープサンデー

組合せと結果(クリック)

生EXCELファイルを印刷する場合は、ホームページを印刷すると印刷が乱れる場合があります
一旦ファイルをダウンロード→保存してから、EXCELでファイルを開いて、印刷して下さい



ページトップへ  閉会式
5月10日(日)13時50分 富士見市第2運動公園B面

優勝の表彰を受ける大井ベースボールクラブ


 秋葉会長挨拶、後方はご来賓の埼玉スポーツセンター金子 守取締役  

閉会の挨拶は柏木副会長(秋季大会主管ふじみ野市)


優勝した大井ベースボールクラブの入賞行進


大井ベースボールクラブ新井慎之助主将の音頭でグラウンド挨拶



ページトップへ  開会式
4月25日(土)第2運動公園B面で7:00受付8:00開式

入場行進

開会宣言

司会進行
 
河角副会長の開会宣言

優勝旗・カップ返還

左から前回第3位:大井ウエスト、優勝:鶴小ニュースカイヤーズ、準優勝:大井少年ファイターズ、第3位:三芳スカイヤーズ

会長挨拶とご来賓挨拶

居並ぶご来賓の皆さま
 
秋葉新会長


星野信吾富士見市長
 
津波信子市議長
 
神山佐市衆議院議員
 
星野光弘埼玉県議
 
居並ぶ審判団、毎度有難うございます
その他ご来賓・・・ 富士見市教育長 森元 州 様
毎日新聞社販売局販促宣伝部 川崎正則 様
富士見リトルシニアチーム 小山 司 様
上福岡リトルシニア野球協会 小玉 国雄 様
埼玉スポーツセンター取締役 金子 守 様

試合球の贈呈と顧問への感謝

上福岡リトルシニア小玉さんと富士見リトルシニア小山さんから試合球贈呈、
感謝!
 
松本勝治前会長と炭田前審判部長(代理草田さん)の2顧問に感謝の記念品贈呈

審判部長訓示と選手宣誓

審判部長訓示
草田 祐弘 新審判部長
 
富士見ファイヤーズ
青木 慶悟 主将の選手宣誓
 
1塁側に並ぶ各チームの指導者たち
返還されたカップ、進行指導の山田 諭 事務局次長、右端:新井 明 事務局長

記念写真

全チームの選手たちをバックに記念写真
草田 祐弘 新審判部長、柏木 秀夫 新副会長、松本 勝治顧問、秋葉 明夫 新会長、河角 靖彦 副会長


過去の大会結果

過去の大会の模様は各年次のページで見られます
懐かしい先輩たちの写真もどうぞお楽しみ下さい




ページトップへ  決勝 2015年5月10日(日) 富士見市第2運動公園B面 11時43分〜12時52分
連盟審判で実施、主審:伊藤和哲(富士見市)、1塁:関根賢二(三芳町)、2塁:牧野芳文(富士見市)、3塁:岡 茂雄(ふじみ野市)
チーム 1 2 3 4
富士見エンゼルス 0 2 0 0 2
大井ベースボールクラブ 6 2 6 × 14
勝利投手:長久保 佳敬 本塁打:小林 友陽(大井BBC)、長久保 佳敬(大井BBC)

メンバー

打順 先攻:富士見エンゼルス
橋本監督
後攻:大井ベースボールクラブ
引間監督
守備 選手 背番号 守備 選手 背番号
@ 1→5→1→5  大内 碧真 9 5  石川 直輝 5
A 9→1→9→1  平原 裕士 6 6  新井 慎之助 10
B 2  田村 碧惟 1 1  長久保 佳敬 1
C 7  阿部 大洋 5 4  福永 凌平 6
D 3  澤田 介盛 8 3  小林 友陽 3
E 6  西谷 悠汰 10 2  安藤 佑真 2
F 8→9→8  近藤 拳士朗 3 9  金子 拓馬 7
G 4  内田 拓磨 4 8  柴崎 悠里 12
H 5→8→5→9  目黒 将 11 7  志賀 楓太 8
   内山 葉月 2  伊藤 大陸 4
    八子 剛 7  荻島 芳喜 9
    平原 敬士 12    町田 和稀 11
    井原 優心 13    福永 脩太 13
    小原 和也 14    福崎 悠太 14
    沖 柊哉 15      
    高田 珪太 17      
打順表手書き不鮮明で見辛いため、選手の氏名が間違っている場合は訂正します
主管富士見市少年野球連盟に名簿照合お願いしております
[戦況] 2013年5月の第50回春季大会の決勝は、大井ベースボールクラブの前身大井亀少クラブと富士見エンゼルスの戦いで、この両チームは過去たびたび激戦を展開しています。2年前はエンゼルスがエース舘 祐作の投打にわたる活躍で3-2で勝ちました。大井ブルーウィングスと合併した新チームは、圧倒的な投打の力を発揮して大勝しました。1回戦から12-2、7-0、7-2、12-1、14-2と、全く相手を寄せ付けない強さで、正に圧勝と言うにふさわしい勝ち方でした。但し、よ〜く見るとガンガン打っての圧勝ではなく、じっくり投球を見極める場面と、行け行けドンドンの場面では積極的初球攻撃、相手の四死球やエラーに乗じて強打で返すかと思うとスクイズしたり、硬軟織り混ぜた多彩な攻撃の上に、投手力が良く、守備が堅実なのでつけ入る隙がありません。大差がついても容赦なくスクイズを決めるあたり、相手に徹底的にダメージを与える非情な采配に見えました。

1回表エンゼルスは大井ベースボールクラブのエース長久保から2番平原四球出塁も無得点。その裏大井ベースボールクラブ1番石川はエンゼルスの5年生投手大内に対しファウル2本粘り7球目選んで出塁、2番新井も1ボール2ストライクからファウル、ボール、ボール、そして選んで無死1、2塁、簡単には打って来ません。ここから怖いクリーンアップ、3番長久保は1ストライクから打ち上げてこれはピッチャーインフィールドフライで1アウト、4番福永を迎えてどういうわけかボールが上ずりストレートの四球で1死満塁、5番小林には、ボール、ボール、ストライク、ボール、ファウル、そしてボールで押し出し、ここから下位打線、ところが安藤に1ストライクからぶつけてしまって2点目、7番金子にはストライク2球で追い込み、打たせてショートゴロ、どういうわけかエラーして3点目、これで動揺したか、準決勝の見事な完封投球とは打って変わって8番柴崎にも初球ぶつけて4点目、これはいかんとエンゼルス橋本監督出てピッチャー交代、マウンドにはライトから平原が上がり、大内はサードへ、サードから目黒がセンターへ、センターの近藤がライトに回りました。ここで9番志賀が1ストライク後の2球目スクイズ、見事に決まって2アウトになりましたが5点目、打者一巡して1番石川、ストレートの四球で2死満塁、2番新井デッドボールでまた押し出し6点目、3番長久保サードゴロでやっとチェンジ。すなわち、この回大井ベースボールクラブはノーヒット、5四球3死球で、アウトになったのは長久保とスクイズだけ、立ち上がり簡単に打たない、ファウルで粘って四球にする攻撃が相手にプレッシャーを与え、ピッチャー交代したらいきなりスクイズという、相手に息つかせぬ見事な攻撃でした。大井亀少クラブ時代はガンガン打つチームでしたが、大井ブルーウィングスと合併して、ジックリ見たり、バントやスクイズ織り交ぜたイヤラシサが加わったことでこうしたチームカラーになったと思われます。
2回表エンゼルスは1死後6番西谷が内野安打、7番近藤が強烈に引っ張ってサード線を抜けレフトヘのヒット、これを後方へ逸らす間に西谷長躯ホームイン、近藤も2塁へ、ここで内田が8番とは思えないスゴイ当りでレフトオーバーの2塁打で2点目、後続断たれ2点止まりでしたが下位打線の見事な3連打でした。その裏エンゼルスは再びマウンドに大内を向かわせ、立ち上がりの守備隊形に戻しました。大井ベースボールクラブは4番から、1ボール2ストライクからフワッと抜いてファーストフライ、上手いピッチングで本来の投球に戻ったと思いました。ところが大井ベースボールクラブのクリーンアップは一筋縄では撃ち取れません。5番小林が連続ストライクで追い込まれながらファウル、ファウルでタイミング合わせ、1球ボールの後の6球目右中間をライナーで破るソロホームラン、6番安藤は1ボール2ストライクからファウル、ボール、ボール、そして選んで出塁、7番金子への4球目に2盗、金子は結局1回もバットを振らずフルカウントから四球出塁、ピッチャーにとっては打たれるより待たれるほうが辛いという場面に則した攻撃で1死1、2塁、8番柴崎は1ボール2ストライクと追い込まれてからファウル、5球目ライト左へヒットして安藤を迎え入れ、この回2点目、志賀三振、石川セカンドフライでチェンジ。2点獲られた後に2点返せば流れは相手に行きません。
3回表エンゼルス2番平原レフトフライ、3、4番は連続三振、力のある重い球がズバッと食い込んできます。その裏大井ベースボールクラブは2番キャプテン新井から、四死球で連続出塁していますが、この選手の特長はセフティバント、見事に決まってお決まりの2盗、大井ベースボールクラブの恐怖のクリーンアップの前にはランナーを出さないこと、というのが鉄則なのですが、準決勝で大井ウエストが大敗した理由は1、2番を出してクリーンアップにドドンとやられたためでした。やはり3番長久保がこの打者得意の反対方向、センター右を破るライナーで2ランホームラン、これはイカン、またピッチャー交代、平原がマウンドに向かいました。大内はサードへ、サードの目黒がライトへ変りました。しかし4番福永凌平はストレートの四球、5番小林は前打席で本塁打を放っています、警戒の余りぶつけてしまい、安藤は初球打ってサードゴロ、1塁送球が悪く、ライトがカバーしましたが福永2塁からホームイン、小林3塁へ、安藤2塁へ、7番金子も初球打ち、レフトオーバーでバウンドしてフェンス越えのエンタイトル2塁打で2点追加、8番柴崎の打席でワイルドピッチがあり金子3塁へ、まだノーアウトです。柴崎の当りはフラフラとショートフライ、サードランナー動けません、しかしこの日は1塁からレフト方向へ強風が吹いています、ショートが追って変な動き、打球が風に乗って後方へ落ちました、レフトも突っ込んで来ましたが捕れません、サードランナーは捕られると思ったので自重しています。9番志賀初球スクイズしましたがファウル、何と言うイヤラシサ、11点差ついているのになお貪欲に点を取りに行きます。柴崎盗塁して無死2、3塁、志賀はピッチャーライナー、グラブからこぼれましが、拾いなおして1塁送球1アウト、1番石川初球スクイズ成功、キャッチャー1塁送球2アウト、しかしこの回6点目、打者一巡して新井、見逃し三振でチェンジ。
4回表エンゼルス5番からの打順、サードゴロ、ライトフライ、ショートフライで三者凡退、4回コールドゲーム
【文責:澤藤隆一】


ページトップへ  準決勝 2015年5月10日(日) 富士見市第2運動公園B面と南畑小学校
南畑小学校 9時
チーム 1 2 3 4 5
大井ベースボールクラブ 2 4 3 0 3 12
大井ウエスト 0 0 0 0 1 1

富士見市第2運動公園B面 9時
チーム 1 2 3 4
鶴ヶ岡少年野球クラブ 0 0 0 0 0
富士見エンゼルス 6 0 3 1X 10

[準決勝の結果] 大井ベースボールクラブ−大井ウエストは、力が着いてきた大井ベースボールクラブが投打に大井ウエストを圧倒してコールド勝ち。新井主将の全4打席出塁、3番長久保の4打数3安打(1本塁打)、5番小林の4打数3安打(1本塁打)の大活躍のほか、他の選手も四死球を貰い、送りバントを決め、4番福永凌平がスクイズを決めるなど、硬軟織り混ぜた多彩な攻撃と、堅実な守備が光りました。2回で早や6-0、ふじみ野クラブの準エース長久保を決勝戦に備えて引っ込めて小林を3イニング投げさせる余裕でした。大井ウエスト3番長谷川がヒット出塁しても牽制で刺し、5番松原が強烈なライナーで右中間打って登り棒に当たって本塁打を損するエンタイトル2塁打、長久保のワイルドピッチで3塁に進んで、パスボールを見て本塁に突っ込みましたが、ボールを拾った安藤捕手からのトスでタッチアウト、大量6点差を追っての攻撃では走る場面ではありません。その後の打者が連続出塁しましたので、この走塁は反撃の芽を自らつぶすものでした。松原は2打席目も芯で捉えてセンターへ抜けるかと思われる痛打、しかしこれをセカンド福永凌平が追ってつかみ、踏ん張って1塁送球アウト!のナイスプレーがありました。4回コールドには1点足らず5回に入って、獲らなくても良い3点を追加した大井ベースボールクラブに対し、一矢報いたい大井ウエストは5回裏、水上がこの日2個目の四球を選び2盗、2死となりましたが3盗、倭がレフトヘヒットして迎え入れやっと1点、1番田口はデッドボール、瀬戸尾が上手くレフトヘ流し打ちましたが、2塁ランナーが、この回からレフトに入った福永脩太の3塁送球で封殺、滑り込まない緩慢な走塁でゲームセット!大井ウエスト拙攻/大井ベースボールクラブ好守の、ゲームを象徴する終わり方でした。
鶴ヶ岡少年野球クラブは富士見エンゼルスの5年生投手大内の前に三振の山、一方富士見エンゼルスは1回裏2点とって2アウト、4番阿部2-2からデッドボール、ここから4点追加、1回終わって早くも6-0、勝負有りでした。富士見エンゼルスは四死球やエラーで出したランナーを3塁打2本、2塁打2本の強打で還し、4回コールドの完封勝利、快勝でした
【文責:澤藤隆一】



ページトップへ  準々決勝 2015年5月4日(月) 富士見市第2運動公園B面

8:29〜10:22
チーム 1 2 3 4
鶴ヶ岡少年野球クラブ 6 7 3 3 19
上福岡イーグルス 0 1 2 3 6

10:48〜
チーム 1 2 3 4 5 6 7
大井ウエスト 0 0 3 0 0 3 1 7
水谷フェニックス 1 2 0 0 0 0 2 5

12:52〜
チーム 1 2 3 4 5 6 TB
大井少年ファイターズ 0 1 2 3 0 0 6 4 10
富士見エンゼルス 0 2 1 3 0 0 6 5X 11

15:04〜
チーム 1 2 3 4 5 6
上福岡第五クラブ 0 1 0 0 1 0 2
大井ベースボールクラブ 4 3 0 0 0 × 7

[準々決勝の結果] 鶴ヶ岡少年野球クラブは毎回大量点を奪いますが、上福岡イーグルスは諦めずにアート引っ越しセンターのごとく追いすがるも及ばず、鶴ヶ岡少年野球クラブはふじみ野市春季大会のリベンジを果たしました。2戦目、大井ウエスト対水谷フェニックスは、埼玉南部春季大会3回戦で対戦し、7安打7四球2塁上死の大井ウエストが9残塁の拙攻で3点しか奪えなかったのですが、エース瀬戸尾がバントヒット1本に抑える好投で勝って以来の対戦です。バッテリーは互いに同じですが、今度は打って変わって激しい打ち合いとなり、水谷フェニックスが序盤得点して大井ウエストが3回に追い着き、その後互いに譲らぬ状態から、6回、7回大井ウエストが下位打線の連打でドドンと突き放したら、昨年東入間新人戦準優勝の水谷フェニックスが意地を見せて7回裏反撃し、ホームランが出ればサヨナラというところまで行きましたが一歩及ばず、埼玉南部春季大会準優勝の大井ウエストが逃げ切りました。3戦目は昨年東入間新人戦で思わぬ1回戦負け同士の対決、実力チームの好カード、アート引っ越しセンターのような大井少年ファイターズの尻上がりの得点に対し、逆転した富士見エンゼルス、再逆転の大井少年ファイターズ、同点に追い着いた富士見エンゼルスを大井少年ファイターズが突き放し、再び富士見エンゼルスが追い着いて、互いに譲らずという攻防、点数に現れない流れからは大井少年ファイターズが優勢でしたが、突き放しきれなかったところがタイブレークでのサヨナラ負けに繋がりました。大井少年ファイターズにしてみれば何故負けたんだろう?という試合、富士見エンゼルスの諦めない執念が実りました。4戦目、昨年東入間新人戦優勝の上福岡第五クラブですが、昨年新人戦は3位ながら関団連朝日大会準優勝の大井ベースボールクラブは力が着いてきています。風の影響もありましたが、好投手山口を攻めて序盤一気にレフト線への長打攻勢で大量点、エース長久保が伸びのある重い球で反撃を抑え、快心の勝利【文責:澤藤隆一】



ページトップへ  2回戦 2015年4月29日(水) 富士見市運動公園(羽根倉橋北側)C面、D面

C面 B−1 8時
チーム 1 2 3 4
富士見ファイヤーズ 0 0 0 0 0
上福岡第五クラブ 11 1 0 × 12

C面 B−2 11時
チーム 1 2 3 4 5
上福岡パワーズ 0 0 0 0 0 0
大井ベースボールクラブ 2 3 0 1 1X 7

C面 B−3 13時
チーム 1 2 3 4 5
大井ウエスト 0 1 1 2 4 8
富士見スピリッツ 0 0 1 0 0 1

D面 B−1 9時
チーム 1 2 3 4
上福岡JFG 0 1 0 0 1
富士見エンゼルス 3 4 2 2X 11

D面 B−2 11時
チーム 1 2 3 4 5
勝瀬キッズ 2 0 2 1 0 5
鶴ヶ岡少年野球クラブ 1 0 4 2 1 8

D面 B−3 13時
チーム 1 2 3 4
ホープサンデー 0 2 1 2 5
上福岡イーグルス 8 4 7 × 19

[2回戦の結果] 富士見市運動公園C、D面で行われ、勝瀬キッズ−鶴ヶ岡少年野球クラブ戦以外はすべてコールドゲームでした。BEST8はふじみ野市6チーム、富士見市2チームとなりました。準々決勝は5月4日(月)富士見市第2運動公園B面で行われます。



ページトップへ  1回戦 2015年4月25日(土) 富士見市第2運動公園B面、南畑小学校
4月25日(土) 9:30〜富士見市第2運動公園B面C-1
チーム 1 2 3 4
富士見コンドルス 1 0 0 1 2
大井ベースボールクラブ 0 5 5 2X 12

4月25日(土) 11:15〜富士見市第2運動公園B面C-2
チーム 1 2 3 4 5 6
水谷フェニックス 0 3 0 0 1 2 6
上富シャークス 1 0 2 0 0 0 3

4月25日(土) 13:00〜富士見市第2運動公園B面C-3
チーム 1 2 3 4 5
大井ウエスト 1 2 1 1 0 5
みずほ台ヤンガース 0 0 0 1 3 4

4月25日(土) 14:45〜富士見市第2運動公園B面C-4
チーム 1 2 3 4
三芳スカイヤーズ 0 0 1 1 2
上福岡第五クラブ 5 4 2 1X 12

4月25日(土)9:30〜南畑小学校B-1
チーム 1 2 3 4 5
上福岡JFG 1 6 1 0 0 8
鶴小ニュースカイヤーズ 4 1 0 1 0 6

4月25日(土)11:15〜南畑小学校B-2
チーム 1 2 3 4
鶴ヶ岡少年野球クラブ 3 2 6 5 16
三芳ドリームズ 0 2 4 0 6

4月25日(土) 13:00〜南畑小学校B-3
チーム 1 2 3 4
大井少年ファイターズ 6 4 8 2 20
竹間沢イーグルス 0 0 0 0 0

[1回戦の結果] 富士見市第2運動公園B面と南畑小学校で行われ、ふじみ野市の6チームすべてが勝ち上がり、三芳町の4チームが敗退、大井少年ファイターズと水谷フェニックスがBEST8確定です。富士見市は3チームが姿を消しましたが、シード5チーム中4チームが富士見市なので、2回戦から登場してきます。


ページトップへ  第54回東入間学童野球春季大会/大会要項
大 会 名 第54回東入間学童野球春季大会
主 催 埼玉県東入間学童野球連盟 会長 : 秋葉 明夫TEL:090-8563-3771
                事務局長 : 新井 明 TEL:049-252-0666、090-4090-3558(個人情報:取り扱い注意)
運営主管 富士見市少年野球連盟(会長:秋葉 明夫)
東入間担当事務局 武田和雄:090-4396-1361
             山田さとし:090-3237-9180;携帯メール(個人情報:取り扱い注意)
後 援 富士見市、ふじみ野市、三芳町、二市一町教育委員会、毎日新聞社
協 賛 東入間地区遊技業防犯協力会、轄驪ハスポーツセンター、富士見リトルシニアチーム、上福岡リトルシニア野球協会
抽 選 会 2015年4月11日(土)富士見市南畑公民館会議室、18時半〜
登録名簿(2部)、連盟登録費(\1,000/1団体)・参加費(\3,000/チーム)を受付に提出。複数チーム参加可
 注)登録名簿はホームページからダウンロードしてください→クリック 登録名簿(EXCEL)の年齢と住所は削除しました
開 会 式 2015年4月25日(土)富士見市第2運動公園野球場B面グラウンド   受付:午前7時00分〜7時30分、開式:8時00分
日 程 4月25日(土)〜5月17日(日)の予定(5/2、3を除く)
大会は土曜、日曜、祝日に行いますのでご協力願います。
大会会場 富士見市内の運動公園野球場、小学校グラウンド。大会会場へは乗り合わせでお願いします
競技要項 『東入間学童野球連盟大会実施要項』に基づく
試合時間 1時間30分、7イニング、4回10点差・5回以降7点差コールド
集 合 第1試合も含め1時間前、チーム審判各チーム2名、本部へ到着届。メンバー表提出…前試合の5回終了時
そ の 他 雨天等の場合大会本部で判断し、各市町の東入間連盟事務局次長を通じて中止もしくは時間変更を連絡します。
開会式当日は東入間連盟統一プラカードを持参して下さい
選手宣誓は富士見市組合せ最若番チームの主将・・・富士見ファイヤーズ 青木 慶悟 主将
前回優勝、準優勝、第3位のチームは返還する優勝旗、カップを持参のこと。

第53回大会

優勝:鶴小ニュースカイヤーズ

準優勝:大井少年ファイターズ

第三位:大井ウエスト、三芳スカイヤーズ

注意!

公共の場所での喫煙は健康増進法により禁止されています。特に小学校敷地内では厳禁です。

グラウンドに入るとき、去るときは挨拶励行、また他チームや審判員、大会役員に会ったら気持ち良く挨拶しましょう。

少年の健全育成のため、指導者、父母の皆様が率先垂範お願いします。

チーム審判員の服装は審判服(白またはライトブルーのワイシャツまたは紺の上着、グレー又は紺の無地のズボン)、黒い靴、審判
帽を着用して下さい。
捕手の防具…シートノックの際は必ずマスクやプロテクターなど着用。攻守交替時の臨時捕手もマスクは必ず着用。キャッチャーカップ着用は強制しません。
攻守交替…ベンチは選手に強く指導してスピーディにお願いします。試合中における会場内すべての場所で素振りを禁止します。


 Topへ    

inserted by FC2 system