玉県東入間学童野球連盟

第62回春季大会



 大会要項 

 登録名簿

 開会式   1回戦   2回戦   準々決勝   準決勝   決 勝   閉会式 

 組合せ表 


第62回春季大会代表者会議(抽選会)及び2019年度連盟総会は2019年4月14日(日)富士見市南畑公民館1F多目的ホールで、18時15分から受付、18時半開始。登録名簿2部、連盟登録費1団体1,000円、参加費1チーム3,000円持参
東入間春季大会は毎年富士見市主管です。各団体から複数チーム出場可
登録名簿(EXCEL)はコチラからダウンロードして下さい(登録名簿(EXCEL)は、年齢と住所が削除されています)

組合せと結果(GIF:クリック)

組合せ表の生EXCELファイル
を印刷する場合は、ホームページを印刷すると印刷が乱れる場合があります
一旦ファイルをダウンロード→保存してから、EXCELでファイルを開いて、印刷して下さい

実施日…4/29、5/1、5/3、5/11、5/12・・・
4/30、5/2、5/4〜5/6は実施せず


忘れ物  審判員の刷毛(右写真)
5/1(水・祝)勝瀬小学校での二回戦にて「審判員の忘れ物:刷毛」(右写真)がありました
大井亀少クラブ−鶴小ニュースカイヤーズ、上福岡JFG−勝瀬キッズ戦の行われたときです
草田審判部長が預かっておりますので、心当たりの方は、ご連絡下さい

忘れ物の刷毛です



ページトップへ  閉会式
2019年5月11日(土)富士見市第二運動公園B面 17時30分〜
優勝…みずほ台ヤンガース


準優勝…勝瀬キッズ


第三位…富士見スピリッツコンドルス


第三位…大井亀少クラブ


入賞チームの写真については富士見市少年野球連盟早川 恵広報部長から頂きました。有難うございました。



ページトップへ  開会式
4月29日(月・祝)富士見市第二運動公園B面7時半〜8時受付、8時半開式
司会進行は上村 純事務局次長(富士見市)でした

入場行進

優勝旗とカップを抱えて前回大会優勝の富士見ファイヤーズ入場行進


開会宣言・優勝旗・カップ返還

開会宣言…新井明副会長兼事務局長

優勝旗・カップ返還…前回優勝:富士見ファイヤーズ、準優勝:大井亀少クラブ、第三位:勝瀬キッズ、鶴ヶ岡少年野球クラブ

会長挨拶

選手が主役と挨拶された柏木会長

ご来賓
1. 富士見市 市長 星野 光弘
2. 富士見市議会 議長 篠田 剛
3. 轄驪ハスポーツセンター代表取締役会長 衆議院議員  神山 佐市
4. 富士見市教育委員会 教育長 山口 武士
5. 埼玉県東入間地区遊技業防犯協力会 会長 瀬尾 基
6. 轄驪ハスポーツセンター 専務取締役 金子 守
7. 轄驪ハスポーツセンター 取締役 神山 一明
8. 埼玉県東入間地区遊技業防犯協力会 事務局長 深澤 信
9. 毎日新聞社販促宣伝部 中野 薫樹

ご来賓挨拶
       
星野光弘富士見市長 篠田 剛富士見市議会議長 神山佐市衆議院議員 山口武士富士見市教育長 瀬尾基遊技業防犯協力会長

ご来賓の皆様 左から5番目から轄驪ハスポーツセンター金子 守様、神山一明様、遊技業防犯協力会深澤 信様、毎日新聞社中野薫樹様、右端は高橋徹副会長

審判部長訓示

草田審判部長訓示
 
審判部の皆様、いつも有難うございます

選手宣誓
選手宣誓する水谷フェニックス 小笠原李乙(リオ)主将


ページトップへ  決勝 
2019年5月11日(土)富士見市第二運動公園B面 15時37分〜17時12分
主審:平山、1塁:荒野、2塁:中島、3塁:川端、控:草田
チーム 1 2 3 4 5 6
みずほ台ヤンガース 2 1 3 0 0 0 6
勝瀬キッズ 1 0 0 0 2 2 5

勝利投手:杉浦大樹(捕手:横田和宏)  本塁打:渡辺龍心(ヤンガース)、斉藤佑馬(キッズ)
当日ホームページ管理人不在のため、詳しい戦況は掲載できません、悪しからずご了承お願いします



ページトップへ  準決勝 2019年5月11日(土)
鶴瀬小の学校公開日のため、午後から連盟審判で実施
富士見市第二運動公園B面 13:26〜15:07
チーム 1 2 3 4
みずほ台ヤンガース 0 8 3 4 15
富士見スピリッツコンドルス 0 0 0 1 1
勝利投手:杉浦  本塁打:無し

富士見市第二運動公園A面 13:28〜
チーム 1 2 3 4
大井亀少クラブ 1 0 1 0 2
勝瀬キッズ 4 3 7 × 14
勝利投手:吉田  本塁打:吉田、宮崎(キッズ)



ページトップへ  準々決勝 2019年5月3日(金) 富士見市第二運動公園B面
C-1 8:55〜
チーム 1 2 3 4 5
富士見スピリッツコンドルス 7 1 3 0 0 11
大井少年ファイターズ 0 3 1 2 4 10

C-2 11:07〜12:38
チーム 1 2 3 4 5 6
上福岡イーグルス 1 0 1 0 0 0 2
みずほ台ヤンガース 1 0 0 3 1 0 5

C-3 13:07〜14:45
チーム 1 2 3 4
大井亀少クラブ 2 3 6 5 16
三芳ドリームズ 0 0 6 0 6

C-4 15:06〜16:47
チーム 1 2 3 4 5
富士見ファイヤーズ 0 6 0 0 1 7
勝瀬キッズ 1 1 3 2 1X 8


【BEST8】 富士見市春季大会の1〜3位;勝瀬キッズ、富士見スピリッツコンドルス、富士見ファイヤーズが順当にBEST8進出、4位の水谷フェニックスは大井少年ファイターズに敗れ、5位の鶴小ニュースカイヤーズは大井亀少クラブに敗れ、6位のみずほ台ヤンガースが残って、富士見市が4チームと半数を占めました。ふじみ野市春季大会はまだ終わっていませんが、負けなしトップの上福岡イーグルスに次いで同じく負けなしの上福岡パワーズは上福岡イーグルス、大井亀少クラブ、大井少年ファイターズとの対戦を残していて、3番手は上福岡イーグルスに1敗の大井少年ファイターズ、4番手は上福岡イーグルスと大井少年ファイターズに敗れた大井亀少クラブとなっています。上福岡パワーズは富士見スピリッツコンドルスとタイブレーク戦の末敗れましたが、上福岡イーグルス、大井少年ファイターズ、大井亀少クラブが順当にBEST8進出、残る1チームは三芳町の雄、ドリームズです。準々決勝最大の見所は富士見ファイヤーズ対勝瀬キッズ戦ですね。
と書いていましたが、さすがに準々決勝だけあって、手に汗握る試合が続き、【BEST4】が決定しました。昨年新人戦第三位のスピリッツコンドルスは猛打で1回表大井少年ファイターズの出鼻をくじき大量点、一方的な試合になるかと思われましたが、昨年新人戦準優勝の大井少年ファイターズも負けてはいません、毎回のチャンスで猛反撃、土壇場あわやと言うところまで追い詰めたものの時間切れ、物凄い試合でした。みずほ台ヤンガースはエース杉浦投手が好投、横田捕手の援護もあって昨年新人戦優勝の上福岡イーグルスに見事逆転勝ち、会心の勝利でした。6年生が主将ひとりの大井亀少クラブですが上位打線は強力、毎回得点の猛攻で3回で11点、しかし三芳ドリームズも3回裏一挙6点GETして面白くなりそうと思ったのも束の間、4回表に亀少クラブがまた5点取ってトドメを刺しました。「最大の見所は富士見ファイヤーズ対勝瀬キッズ戦」と書いたとおり逆転また逆転のものすごい試合でした。守備が堅く、一発長打の林田を有するキッズに対し、磯−森田の強力バッテリーを軸に強力打線のファイヤーズという対戦、昨年新人戦準々決勝でキッズはスピリッツコンドルスを最後あと一歩まで追い詰めながら敗れ、ファイヤーズは水谷フェニックスに追いすがりながら逃げ切られました。1回裏ファイヤーズ磯投手は林田選手に真っ向勝負してセンターはるか頭上の大ホームランで先制されました。しかし直後の2回表、自慢の打線でタイムリーやら押し出しで3−1と逆転、キッズのピッチャーは吉田投手に交代、打席には女の子の2番永瀬さん、四球押し出しで4−1、3番森田主将が左中間へ強打して二者生還6−1、普通長打ですが永瀬さんが二塁に止まってしまったので単打となりました。4番磯選手もセンターオーバーの大きな当たり、1塁走者の森田選手は足が速い、2塁蹴って3塁回って、おっと、3-本間の真ん中で永瀬さんを追い越してしまった、野球の走路は「追い越し禁止」です、この時点で森田選手アウトで2アウト、外野からの返球で本塁で永瀬さんタッグアウトでチェンジ、二塁に到達していた磯選手呆然という場面でした。ここで8−1となってなお1死2塁だったら富士見ファイヤーズの一方的勝利になっていたような気がしました。その裏1塁ランナーの盗塁を刺そうと強肩森田捕手が送球したボールがセンターも捕れずに1点勝瀬キッズが返し、流れはやや戻った感じ、3回裏にキッズは2点タイムリーで6−4、見事なスクイズで6−5と迫った時点で富士見ファイヤーズはバッテリーチェンジ、捕手に回った磯選手が補邪飛を跳んでキャッチ、見事な守備、次打者のバッテリー間に転がった打球も素早く追って拾い、三塁から本塁に突入した走者にタッグしてアウト、自分の責任で出した走者は還さないぞと言わんばかりの見事な守備でした。しかし4回裏森田投手の独り相撲の感もあってキッズが逆転、5回表満塁のチャンスを作ったファイヤーズがテキサスヒットで7−7の同点に追い着き、なおもセンターへ抜けるゴロ、しかし当たりが強過ぎて、センターが素早く1塁送球〜アウト!でチェンジ、キッズの堅い守備、アッパレです。5回裏ファイヤーズ森田投手は先頭打者を歩かせてしまい、最後はキッズのレフトへのサヨナラタイムリー、いやはや見所満載の試合でしたが、両チーム血圧が上がったのではないでしょうか【文責:澤藤隆一】
【追い越し禁止】 打者走者が前走者を追い越してアウトとなるというケースは滅多にあることではないですが、古いプロ野球ファンには忘れられないプレイがありました。2004年9月20日、札幌ドームでの日本ハム対ダイエー(ソフトバンクホークスの前身)25回戦、9回裏3点ビハインドの日本ハムが土壇場追い着いて、なおも二死満塁、打席にはSHINJO(当時の登録名)という状況で、SHINJOが放った一撃はレフトスタンドへ、劇的サヨナラ満塁本塁打・・・・と普通は思いますよね。しかし、一塁走者の田中幸雄が一塁を回ってきたSHINJOと抱き合って回転し、この時点で打者走者が一塁走者に先んじたこととなり、SHINJOはまさかのアウト。本塁打は帳消し、レフトオーバーのシングルヒットで打点1となりました。SHINJOは一塁を回ったし、三塁ランナーはホームインしていたので、1点差で日本ハムのサヨナラ勝利ということになりました。しかしこのときのSHINJOの心情やいかに?というところですね。
少年野球でも、本塁打を放った(と思った)打者走者が三塁コーチャーとハイタッチするようなことが無いように各チームとも指導されていると思います。ハイタッチは本塁を踏んで、ベンチに帰ってからにしましょう。



ページトップへ  2回戦 2019年5月1日(水)
富士見市第二運動公園B面A-1 11:47〜13:17
チーム 1 2 3 4 5 6
水谷フェニックス 0 0 0 0 0 0 0
大井少年ファイターズ 1 0 0 2 1 0X 4

富士見市第二運動公園B面A-2 13:41〜15:15
チーム 1 2 3 4 5
鶴ヶ岡少年野球クラブ 0 0 3 0 0 3
みずほ台ヤンガース 4 0 1 1 2X 8

勝瀬小A-1 11:47〜13:28
チーム 1 2 3 4 5 6
大井亀少クラブ 0 0 0 7 0 0 7
鶴小ニュースカイヤーズ 0 0 0 2 3 0 5

勝瀬小A-2 13:51〜14:52(4回コールド)
チーム 1 2 3 4
上福岡JFG 1 0 0 0 1
勝瀬キッズ 2 0 4 5X 11

1回戦免除2回戦 2019年4月29日(月)
富士見市第二運動公園A面B-3 14:45〜16:20
チーム 1 2 3 4
三芳ドリームズ 1 1 0 12 14
富士見ジュニアサンデー 3 0 0 0 3

富士見市第二運動公園B面B-2 12:30〜14:01
チーム 1 2 3 4 5 6
上富シャークス 2 1 0 0 1 0 4
上福岡イーグルス 2 2 2 1 1 1 9

富士見市第二運動公園B面B-3 14:27〜16:12
チーム 1 2 3 4 5 6 7 TB 総計
富士見スピリッツコンドルス 1 0 1 1 0 0 0 3 4 7
上福岡パワーズ 0 0 0 2 0 1 0 3 1 4

富士見市第一運動公園D面A-1 10:55〜12:35
チーム 1 2 3 4 5 6
富士見ファイヤーズ 3 4 0 1 3 6 17
大井ウエスト 2 0 3 0 3 0 8



ページトップへ  1回戦 2019年4月29日(月)
富士見市第二運動公園B面B-1 10:29〜12:13(4回コールド)
チーム 1 2 3 4
大井少年ファイターズ 0 6 8 8 22
三芳ホープ 0 0 0 0 0


富士見市第二運動公園A面B-2 12:26〜14:21
チーム 1 2 3 4
上福岡第五クラブ 0 5 0 8 13
鶴小ニュースカイヤーズ 3 13 2 × 18


富士見市第二運動公園A面B-1 10:42〜12:11(5回コールド)
チーム 1 2 3 4 5
大井ブルーウィングス 3 1 1 0 0 5
みずほ台ヤンガース 2 3 0 8 × 13


富士見市第一運動公園D面A-2 13:14〜14:35(4回コールド)
チーム 1 2 3 4
三芳スカイヤーズ 0 0 2 0 2
上福岡JFG 10 0 7 × 17

【初戦の結果】 大差のついたゲームが多く、接戦はタイブレークにもつれ込んだ富士見スピリッツコンドルス対上福岡パワーズのみ。富士見ファイヤーズ対大井ウエストはホームラン8本が乱れ飛ぶ乱打戦、塁打数では37対11と富士見ファイヤーズが圧倒しました。大井ウエストの本塁打2本に対し、富士見ファイヤーズの本塁打は6本ですが、三塁打2本、二塁打2本、この二塁打はレフト後方の場外へ転がり出たエンタイトル2ベースのため、実質ホームラン8本ということになります。滅多に見られない豪華打ち上げショーでした。上福岡第五クラブ対鶴小ニュースカイヤーズ戦も本塁打2本対3本、この差が結果につながりました。大井ブルーウィングス対みずほ台ヤンガース戦と上富シャークス対上福岡イーグルス戦は共に序盤点の取り合い、ヤンガースは一挙大量得点でコールド決着をつけましたが、上福岡イーグルスは最後まで手を緩めず毎回得点で勝利



ページトップへ  第62回東入間学童野球春季大会/大会要項
大 会 名 第62回東入間学童野球春季大会
主 催 埼玉県東入間学童野球連盟 会長 : 柏木秀夫
                事務局長 : 新井 明 電話090-4090-3558、049-252-0666(個人情報:取り扱い注意)
運営主管 富士見市少年野球連盟(会長:新井 明) 大会担当事務局 上村 純:090-1537-0321(個人情報:取り扱い注意)
後 援 富士見市、ふじみ野市、三芳町、二市一町教育委員会、毎日新聞社
協 賛 東入間地区遊技業防犯協力会、轄驪ハスポーツセンター、NPO法人サイタマスポーツ会
抽 選 会 2019年4月14日(日)18時15分受付、18時30分開始 富士見市南畑公民館1F多目的ホール
登録名簿(2部)、連盟登録費(\1,000/1団体)・参加費(\3,000/チーム)を受付に提出。複数チーム参加可
 注)登録名簿はホームページからダウンロードしてください→クリック
開 会 式 2019年4月29日(月・祝) 富士見市第二運動公園少年野球場   受付:午前7時30分〜8時、開式:8時30分
選手宣誓:水谷フェニックス 小笠原李乙(リオ)主将
日 程 4月29日(月・祝)〜5月19日(日)の予定。実施日…4/29、5/1、5/3、5/11、5/12・・・4/30、5/2、5/4〜5/6は実施せず
大会会場 富士見市内の野球場、小学校グラウンド
競技要項 『東入間学童野球連盟大会実施要項』に基づく
試合時間 1時間30分、7イニング、4回10点差・5回以降7点差コールド
集 合 第1試合も含め1時間前、メンバー表提出は前試合の5回終了時
そ の 他 @雨天等は大会本部で判断し、各市町の東入間連盟事務局次長を通じて連絡します
A開会式当日は東入間連盟統一プラカードを持参して下さい
B選手宣誓は富士見市組合せ最若番チームの主将
C前回優勝、準優勝、第三位のチームは返還する優勝旗、カップを持参 ・・・第61回大会優勝:富士見ファイヤーズ、準優勝:大井亀少クラブ、第三位:勝瀬キッズ、鶴ヶ岡少年野球クラブ
注意!

@公共の場所での喫煙は健康増進法により禁止、特に小学校敷地内では厳禁
Aグラウンドに入るとき、去るときは挨拶励行、他チームや審判員・大会役員にも挨拶
Bチーム審判員の服装は白またはライトブルーのワイシャツもしくは紺の上着、グレーまたは紺の無地のズボン、黒い靴
C捕手はプレー中だけでなく、シートノックの際も、必ずマスク、ヘルメット、プロテクター、レガース、ファウルカップを着用のこと  ※攻守交替時の臨時捕手もマスクを必ず着用
D「投球数制限」は行わない
E「故意四球」は適用しない
F試合会場内での素振りはフィールド内のみ可能とする
G攻守交替は迅速に行うこと


 Topへ    

inserted by FC2 system