玉県東入間学童野球連盟

第13回低学年大会


低学年大会は、連盟全体で運営します


【代表者会議(抽選会)】
日時:9月15日(日)
 受付18時〜 開始18時半
場所:三芳町立中央公民館
    多目的ホール
持参するもの:
    参加費3000円、
    登録名簿(2部)

三芳町立中央公民館
三芳町北永井348-2
三芳中学校と三芳小学校の間です


開会式;新人戦大会と合同で9月28日(土)三芳町総合グラウンド 受付8時分〜 開式8時半
選手宣誓…三芳ドリームズ;多胡敏光(たご としみつ)主将 → クリック
参加チーム数:17チーム(富士見8、ふじみ野7、三芳2) トーナメント方式


ページトップへ  組合せ表と結果

組合せ表はExcel(A4横)で作成して画像ファイル(GIF)にしています
生EXCELファイルを印刷する場合は、ホームページを印刷すると印刷が乱れる場合があります
一旦ファイルを保存してから、EXCELでファイルを開いて、印刷して下さい



ページトップへ  表彰式
2019年11月30日(土)15時28分 自然の森レクリエーション公園
優勝…富士見スピリッツコンドルス


準優勝…三芳ドリームズ


第三位…鶴小ニュースカイヤーズ


第三位…みずほ台ヤンガース


ページトップへ  決勝 2019年11月30日(土)13時50分〜15時11分 自然の森レクリエーション公園
主審:伊藤(三芳町)、1塁: 田村(富士見市)、2塁:藤本(ふじみ野市)、3塁:岡田(ふじみ野市)
チーム 監 督 主 将 1 2 3 4 5
三芳ドリームズ 林 一好 多胡敏光 3 0 0 1 0 4
富士見スピリッツコンドルス 菊地裕二 菊地柊煌 2 0 3 2 × 7

勝利投手:野崎蓮亜 本塁打:無し
【戦況】自然の森レクリエーション公園では大量の小さな虫が舞っていました。まるで雪虫か綿虫みたいですが、いずれにせよアブラムシの一種でしょう。雨にたたられた大会でしたが、開会式から2ヶ月を過ぎてやっと決勝戦、小虫も羽ばたく祝の宴の中熱戦の火蓋が切られました。
 先攻三芳ドリームズは強打、1回表4番樋口選手、5番小林(蒼)選手の連続三塁打で3点GETしましたが、相手守備の動きを見てその勢いで本塁狙いタッチアウト!これはちょっと残念、更に得点できそうな場面でした。対する富士見スピリッツコンドルスも負けてはいません。すかさず2点返し、2死ながらタイムリーヒットの走者が1塁に居て、次打者がレフト前ヒット!と思ったら、アレ?1塁ランナー走らない、サードに捕られると思った?慌てて走り出したものの、レフトから二塁送球、封殺!これまた残念、更に得点できそうな場面でした。こういうところがやはり低学年の試合だな、と思いましたが、両チームバッテリーはシッカリしています。ちょっと低学年とは思えないレベルで、これは好ゲームが期待できると思わせる立ち上がりでした。
 2回スピリッツコンドルスの野崎投手は本来のピッチング、ドリームズ下位打線ということもあって、1走者出すもアウト三つすべて三振の快投、一方スピリッツコンドルスは走者出して盗塁を仕掛けますが、ドリームズの小林(拓)捕手の強肩に阻まれます。しかしなおもランナー1、2塁として、今度は走りません、ドリームズの大柄な樋口投手はメジャーのピッチャーのようなフォームから力のある速球を投げ込んできます。結局後続打ち取り二者残塁。
 3回今度はドリームズがランナー1、2塁のチャンスを作りながら逸してしまいます。スピリッツコンドルスは先頭打者がライナー性の良い当たり、センター前ヒットだなと思ったら、センターの永渕選手がスタート良く突っ込んで地面スレスレナイスキャッチ、とても低学年とは思えないファインプレイが出てドリームズベンチやんやの喝采。一死1塁で次打者サードゴロ、すると1塁ランナーが走りません、エッ、どうして?と思いましたが、三塁手は迷わず一塁送球、これを見て一塁ランナー慌てて二塁へ、送球がやや逸れて一塁は間一髪セーフ、次打者ヒットで一死満塁、ここでセンター前に抜けるゴロヒットが出て三塁ランナーホームインして同点、二塁ランナーも迷わず三塁蹴る、先ほど好プレーのセンターが突っ込んで捕ろうとして今度は後逸、走者一掃となって逆転、打者走者も二塁へ、牽制悪送球でランナー三塁へ進みます。樋口投手思い切って腕を振りバッター空振り三振、小林(拓)捕手が素早く三塁送球、ランナー慌てて帰塁しますがタッチアウト!珍プレーが出るかと思えば好プレー、低学年大会ならでは、両軍ベンチ手に汗握っての応援で、見ているほうは面白いのですが、当事者はたまらないでしょう。
 4回表ドリームズ先頭打者四球で出て快速飛ばし2盗、3盗、バッター打って強烈な当たり、浅い守りのサードを強襲してボールを弾き、ランナーホームイン、打球はボールデッドゾーンへ出てランナー二塁へ、次打者ショートゴロ、1塁送球アウト、コレを見て二塁ランナー三塁へ走る、ファースト林選手の三塁送球でランナータッチアウトでチェンジ、素晴らしい守り。1点差と追い上げられたスピリッツコンドルスは次の回がドリームズの上位、強力打線に回るのでこの回突き放したいところ、先頭打者四球出塁、盗塁仕掛けます。強肩小林(拓)捕手がボールを握り直した分間に合わずセーフ、内野ゴロの間に三塁へ進み、一死三塁、この日打撃不振だった2番渡辺選手がバット一閃、強烈に引っ張ってライト前ヒットで1点、この打者走者が俊足、果敢に2盗、3盗、これが生きました。3番菊地主将の打席でワイルドピッチで1点追加し7-4と差を広げます。樋口投手めげずにズバッと見逃し三振に打ち取ります。続く4番松田選手は三塁打を放ち、5番野崎選手四球から盗塁して二死2、3塁、結局残塁で更なる追加点は成りませんでしたが、ファウルで散々粘るスピリッツコンドルスの攻撃で残り時間が少なくなりました。
 5回表3点ビハインドのドリームズは2番加辺選手がファウルカットで粘ります。負けるもんかと言う気迫が伝わります。しかし野崎投手も負けてはいません。空振り三振で1アウト、3番多胡主将ピッチャーゴロで2アウト、4番樋口選手セカンドゴロ、真鍋二塁手ガッチリキャッチ、1塁送球アウト、伊藤球審がゲームセット宣告、熱戦の幕が閉じました【文責:澤藤隆一】


ページトップへ  準決勝 2019年11月16日(土)
12時26分〜13時49分 自然の森レクリエーション公園A-1
チーム 1 2 3 4 5
鶴小ニュースカイヤーズ 2 0 1 0 0 3
富士見スピリッツコンドルス 1 1 5 1 × 8

 
14時17分〜15時39分 自然の森レクリエーション公園A-2
チーム 1 2 3 4
三芳ドリームズ 1 1 5 0 7
みずほ台ヤンガース 0 0 1 1 2

 


ページトップへ  準々決勝
2019年11月3日(日)13時15分 亀久保小A-1
チーム 1 2 3 4
勝瀬キッズ 0 4 0 1 5
富士見スピリッツコンドルス 1 5 2 0 8

 
2019年11月9日(土)12時55分〜14時24分 自然の森レクリエーション公園A-1
チーム 1 2 3 4 5
富士見ジュニアサンデー 2 0 1 0 1 4
みずほ台ヤンガース 1 0 0 1 3 5

 
2019年11月9日(土)14時42分〜16時15分 自然の森レクリエーション公園A-2
チーム 1 2 3 4 5 6 TB 総計
鶴小ニュースカイヤーズ 2 0 0 1 0 0 3 7 10
水谷フェニックス 0 0 1 0 0 2 3 2 5

 
2019年11月10日(日)14時 藤久保小@-1
チーム 1 2 3 4 5
三芳ドリームズ 1 3 1 1 3 9
上福岡JFG 4 0 1 1 0 6

 


ページトップへ  2回戦 2019年11月2日(土)15時 自然の森レクリエーション公園@-1
チーム 1 2 3 4 5 6
富士見ファイヤーズ 2 0 0 0 0 0 2
三芳ドリームズ 1 1 1 0 2 × 5


1回戦免除2回戦

2019年10月5日(土)15時3分〜16時29分 自然の森レクリエーション公園A-2
チーム 1 2 3 4 5
ウエスト第五クラブ 1 3 1 0 0 5
みずほ台ヤンガース 2 0 0 6 × 8

 
2019年10月6日(日) 8時55分〜 自然の森レクリエーション公園C-1
チーム 1 2 3 4 5 6
水谷フェニックス 2 0 0 0 3 0 5
上福岡イーグルス 0 0 0 0 0 0 0

 
2019年10月6日(日) 10時36分〜12時9分  自然の森レクリエーション公園C-2
チーム 1 2 3 4 5 6
富士見ジュニアサンデー 0 0 0 1 0 4 5
大井ブルーファイターズ 1 0 0 0 1 0 2

 
2019年10月6日(日) 12時29分〜14時17分  自然の森レクリエーション公園C-3
(チーム審判C-4は新人戦大会;三芳ホープ−大井亀少クラブ戦です)
チーム 1 2 3 4
勝瀬キッズ 2 5 4 6 17
鶴ヶ岡少年野球クラブ 0 1 2 1 4


2019年10月14日(月) 11時45分〜 自然の森レクリエーション公園A-1
チーム 1 2 3 4
富士見エンゼルス 4 0 1 0 5
上福岡JFG 0 1 0 6 7

 
2019年10月14日(月) 13時20分〜 自然の森レクリエーション公園A-2
チーム 1 2 3
富士見スピリッツコンドルス 3 6 3 12
三芳SSH 3 1 3 7


2019年11月3日(日)14時54分〜15時50分 亀久保小A-2
チーム 1 2 3
大井亀少クラブ 0 0 0 0
鶴小ニュースカイヤーズ 4 2 4 10


ページトップへ  1回戦 2019年10月5日(土)13時1分〜 自然の森レクリエーション公園A-1
チーム 1 2 3 4 5
富士見ファイヤーズ 4 1 0 2 0 7
上福岡パワーズ 0 0 2 0 4 6

ページトップへ  第13回低学年大会/大会要項
大 会 名 第13回東入間学童野球低学年大会
主    催

埼玉県東入間学童野球連盟(会長:柏木秀夫)

事務局長 : 新井 明 TEL:049-252-0666、090-4090-3558
運営 主管 東入間学童野球連盟
協    賛 轄驪ハスポーツセンター、NPO法人サイタマスポーツ会
抽 選 会

2019年9月15日(日)新人戦大会抽選会に続いて開催、三芳町立中央公民館多目的ホール、参加費¥3,000 登録名簿2部を受付に提出

開 会 式

2019年9月28日(土)三芳町総合グラウンドA面
    受 付 8時00分〜8時15分
    開 式 8時30分 第30回新人戦大会と合同開催

日    程 2019年10月5日(土)〜11月予定
大会 会場 富士見市、ふじみ野市、三芳町内の野球場及び小学校グラウンド
競技 要項 『東入間学童野球連盟大会実施要項』及び低学年大会に関する特別事項
試合 時間 1時間20分、6イニング、3回10点差、4回以降7点差コールド
集合 時間 第1試合30分前、第2試合以降1時間前、メンバー表提出…前試合の4回終了時
運営 方法 @試合はトーナメント方式で行う。当初連盟(各市町)担当で実施、新人戦大会終了後三芳町へ移管
A審判は主審のみ連盟、塁審、控審はチーム審判で行う
試 合 球 チーム2個提出(ナガセケンコー)
そ の 他

@開会式当日は連盟統一プラカードを持参(原則6年生チームの後に付く、合同チームは協議して決めてください)
A選手宣誓は新人戦大会の6年生と並び、最後にチーム名と名前を告げるのみ

注 意 ! @公共の場所での喫煙は健康増進法により禁止、特に小学校敷地内では厳禁
Aグラウンドに入るとき、去るときは挨拶励行、他チームや審判員・大会役員にも挨拶
Bチーム審判員の服装は白またはライトブルーのワイシャツもしくは紺の上着、グレーまたは紺の無地のズボン、黒い靴
C捕手の防具*シートノックの際は必ずマスクやプロテクターなど着用
  ※攻守交替時の臨時捕手もマスクを必ず着用
D攻守交替は迅速に行うこと
E試合会場内での素振りはフィールド内のみ可能とする

ページトップへ  低学年大会に関する特別事項

1. はじめに
本大会実施要項<低学年大会に関する特別事項>は、東入間学童野球連盟低学年大会を運営するために定められた大会実施要項である。本大会実施要項に特別に定めない点については、「東入間学童野球連盟 大会実施要項」に決められている点に準ずる
3.大会運営
A 登録について
(3)チームの編成について
 1) 低学年大会は4〜1年生とする(1年生の参加については、試合運営上危険の無いように各チームで考慮する事)
 6) 追加登録は、試合当日の集合時間前までに、本部に提出すれば認めることとする
B規則について
 1) 低学年大会は、正規回数は6回とし、80分を越えて新しいイニングに入らない
 2) 低学年大会は、4回終了または60分を越えた場合、試合は成立する
 3) 低学年大会は、3回10点差、4回以降7点差以上でコールドゲームが成立する
 8) 低学年大会は、塁間距離は21メートルとし、投手板から本塁までの距離は14メートルとする
 9) 低学年大会の試合は、週1試合とする(投手の肩、肘の保護のため)
E審判について
 7) 主審のみ連盟から出す。塁審、控審はチーム審判で行う
Fその他
 3) 攻守交代時の臨時捕手を監督(30番)、コーチ(28・29番)が行うことを可とする



ページの先頭へ    

inserted by FC2 system